nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

2016年2月新車 トミカN0.26 マツダ ロードスター

どうも。

 

このブログの最初の記事でちらっと書いたけれども、僕はトミカ好き。幼い頃から小学校中学年くらいまではずっとトミカを買ってもらってました。その後、しばらくトミカ熱は冷めていたけれども、この1年半くらいの間でいきなり再燃。以来、新車も初回限定を中心に買い続けてます。

 

で、今日は第三土曜、つまりトミカ新車発売日。買ってきました。

f:id:nullgadget:20160220210633j:plain

今月の新車、ND型マツダ ロードスター。最近絶好調なマツダが、昨年販売開始した4世代目ロドスタですね。カラーはマツダの最近のイメージカラーでもあるソウルレッド、個人的にもかなり好きな色です。とてもかっこいい。

 

f:id:nullgadget:20160220210640j:plain

初回限定版はブラック。実車でのジェットブラックマイカかな?トミカ版はソリッドなブラックではなくて、ラメの入ったブラックです。スポーツカーの初回限定版にしては結構落ち着いたカラーをチョイスしてきましたね。

 

f:id:nullgadget:20160220212410j:plain

もちろん、と言っていいかと思いますがルーフは取り外し可能。

f:id:nullgadget:20160220213144j:plain

分かりにくい写真ですが、内装もかなり再現されてます。最近のトミカの内装は、一昔前とは比べものにならないほどいいですよね。

f:id:nullgadget:20160220210701j:plain

リア。マツダが提唱する『鼓動デザイン』の味を強く感じるフェンダーライン。トミカでもよく再現されてます。本当にNDロードスターは美しい。よく街中で見かけますが、目で追ってしまうデザインですよね。

 

f:id:nullgadget:20160220210703j:plain

手元にあった先代NCロードスターと現行GJ型アテンザ。NDは先代の丸っこいデザインから、一気に切れ味鋭いデザインに変化しましたね。

f:id:nullgadget:20160220211125j:plain

なんとなくツーショット。

f:id:nullgadget:20160220210707j:plain

トミカでも現行アテンザとNDロードスターは同じソウルレッドがモデルのレッドですが、ロードスターの方がより艶やかで深みのあるレッドに感じました。ちなみに、この赤いアテンザは、来月のラインナップ更新で個人タクシー仕様に変わってしまうので、気になった方はお早めに。

 

トミカ No.62 マツダ アテンザ 箱

トミカ No.62 マツダ アテンザ 箱

 

 

f:id:nullgadget:20160220210720j:plain

ツーショット。フロントのボンネット・フェンダーラインもはっきりと表現されてます。写真では分かりにくいですが、通常盤ソウルレッドのテールランプ部もしっかりと質感の違う赤で塗り分けられています。

f:id:nullgadget:20160220212433j:plain

先月の新車、S660と。S660も塗り分けが細かくて完成度高かったですが、今月のロードスターも同等かそれ以上の完成度だと感じました。

f:id:nullgadget:20160220212355j:plain

初回限定版のブラックもいいですが、やはり通常盤のソウルレッドはとてもかっこいい。フェンダーラインがくっきりと浮き出て本当にいい色だと思います。個人的にはスバル好きなんですが、『ドライバーの走る喜び』を追求するマツダにも魅力的なクルマを出し続けてほしいものです。

 

国民的なスポーツカーという性質上、初回限定は特に早く売り切れてしまう可能性があるので、気になった方はお早めに。個人的にはソウルレッドもかなりおすすめです。

 

トミカ No.26 マツダ ロードスター (箱)

トミカ No.26 マツダ ロードスター (箱)

 

 

 

トミカ No.26 マツダ ロードスター (初回特別仕様)

トミカ No.26 マツダ ロードスター (初回特別仕様)

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする