nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

トミカ NO.70 三菱 アウトランダーPHEV

 

お久しぶりです、先月の86の記事から約一ヶ月間も記事を書いていませんでしたね。

またマイペースに更新していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

 

さて、早くもトミカ9月の新車発売日。今月はいろんな意味で今話題のこの一台ですね。

 

トミカ NO.70 三菱 アウトランダーPHEV

f:id:nullgadget:20160917211820j:plain

燃費偽装問題で揺れる三菱自動車、その渦中の一台でもあるのがこのアウトランダーPHEV。トミカの発売を目前に控えた8月末に実車の生産・販売が停止されたため、すでに発売されている現行車種にもかかわらず実車の販売が行われていない中でのトミカの発売という異例の事態となってしまいましたね。とりあえず無事にトミカが発売され、私自身はホッとしています。

 

ちなみに、この記事を書くにあたって三菱自動車アウトランダーPHEV公式ホームページを覗いたところ…

f:id:nullgadget:20160917211847p:plain

このような状態でした。

 

f:id:nullgadget:20160917211825j:plain

そんなアウトランダーですが、今回のトミカは2015年6月にマイナーチェンジが行われた後のモデルが再現されています。

ちなみにアウトランダーPHEVは国産車ではプリウスPHVに次ぐ量産車2車種目のプラグインハイブリッド車。前輪をエンジンとモーター、後輪をモーターでそれぞれ独立駆動するツインモーター4WDにランサーエボリューション譲りの車両運動統合制御システムであるS-AWCを組み合わせた事で高い運動性能を備えているとか。

 

そろそろトミカの話へ、全体的に少し小ぶりな印象を受けましたがプロポーションは良好。SUVとしての力強さがよく現れた実車のデザインをトミカらしく再現できているのではないでしょうか。

f:id:nullgadget:20160917211826j:plain

リアから、分かりにくいですがリアゲートのガーニッシュもしっかり再現されています。リアバンパーの塗り分けがないのは少し残念。

 

f:id:nullgadget:20160917211829j:plain

リアゲートは開閉アクション付き。私自身、熊本地震の発生当初にリアゲートを開けたアウトランダーPHEVが避難所で非常用電源として電気を供給している姿をニュースで目撃し強く印象に残っています。

 

f:id:nullgadget:20160917211827j:plain

フロントマスク。後期型で新しいデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用し一気に押し出し感が強くなり印象が大きく変わりましたが、トミカでも塗り分けでその立体感をうまく再現できている印象です。グリル上部とヘッドライトは一体のプラパーツ構成で、ヘッドライトの奥行き感の表現が個人的には気に入っています。

 

初回限定版

f:id:nullgadget:20160917211830j:plain

レッドメタリックを再現。個人的には非常に三菱らしさの出たいいカラーチョイスだと思います。

 

f:id:nullgadget:20160917211840j:plain

初回版ではグリル周辺のシルバーの縁取りがより目立ち、立体感が増している印象ですね。

 

f:id:nullgadget:20160917211833j:plain

リアからも。シルバー塗装で再現されたリアガーニッシュやエンブレムの存在感が通常版よりもかなり感じられます。

 

f:id:nullgadget:20160917211844j:plain

ボディがレッドとはいえ、リアテールランプもしっかり塗り分け。

 

ランエボXと

f:id:nullgadget:20160917211838j:plain

実はこの2台、実車では同じレッドメタリックが採用されています。やはり三菱のクルマには赤が似合うなと実感。

再び三菱が元気な姿を見せて欲しいというのがクルマファンの想い、三菱のディーラーにOEM車ばかり並んでいる姿は正直寂しい限りです。

 

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20160917211835j:plain

とりあえず予定通りに発売され安心したというのが第一の感想でしたが、いざ手にしてみると小さくは感じるもののフロントの完成度は事前の写真以上のものでした。特に個人的には初回限定版のレッドが好印象。

さすがに先月の86や7月のシビックタイプRほどの人気はないようですが、言うまでもなく初回限定版は数が限られていますし、気になった方はお早めに。

 

トミカ No.70 三菱 アウトランダー PHEV (箱)

トミカ No.70 三菱 アウトランダー PHEV (箱)

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする