読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

トミカ NO.43 ホンダ NSX

 

12月ももう半ばを過ぎてしまって、もうすぐ2016年も終わりなコトに驚きを隠せません。

f:id:nullgadget:20161217214456j:plain

2016年最後の第三土曜日、早速今月のトミカを紹介していきましょう。

 

トミカ NO.43 ホンダ NSX

f:id:nullgadget:20161217210623j:plain

いよいよ日本でも歴史を刻み始めた二代目ホンダNSX。2016年のトミカ新車のラストを飾るのにふさわしい一台だと個人的には思っています。先代NSXの生産終了から長い年月が経ちましたが、こうして日本にまたスーパースポーツカーが一台誕生した事を一クルマ好きとしてとても嬉しく思っています。庶民には到底手が届かない2,370万円というプライスタグを引っさげての登場ですから、個人的には憧れの存在といった感じです。3.5L V6ツインターボエンジンと三基のモーターが発揮するのは581馬力、とてつもなく速そうです。

今回のトミカはおそらく実車バレンシアレッドパールを再現しているのだと思いますが、バレンシアレッドパールは670,000円のオプションカラーなのだとか、流石スーパースポーツといったところ。

 

f:id:nullgadget:20161217210632j:plain

フロントは先月のBMW i8でもいい意味でかなり驚かされるほどの完成度でしたが、今回のNSXもそれに比肩すると言ってもいいかなと思います。実車でも特徴的なLEDヘッドライトのツブツブ感もうまく再現されていると思いますし、バンパーの大型ダクトはグリル部分は違う質感でしっかりと表現されています。最近のトミカで個人的に気になっていた塗料の飛びも今回はそこまで感じません。

 

f:id:nullgadget:20161217210626j:plain

サイド。よく見ると前後のタイヤ径が異なっています、実車でもフロント19/リア20インチとリアタイヤの方が大径なのですがそれもバッチリ再現されていました。トミカでもここまで再現してしまうのか、と個人的にはかなり驚いたポイントです。また、刀のようにシャープなボディラインがステキです、流石スーパースポーツ

 

f:id:nullgadget:20161217210703j:plain

ちなみに私自身はこれくらい斜めのアングルからが好きだったりします。サイドのエアインテーク部分もしっかりブラック塗装されていますね。

 

f:id:nullgadget:20161217210637j:plain

リアエンジンフードからはパワーユニットがチラリと。カーボンルーフも塗り分けで再現されているようです。

 

f:id:nullgadget:20161217210629j:plain

f:id:nullgadget:20161217210708j:plain

リアから。一昔前のトミカではまず省略されていたであろうテールランプの塗り分けも健在、バンパーダクトの塗り分けやディフューザーの形状も納得の仕上がりです。

 

初回限定版

 

 

…、今回も入手できませんでした。なんとも悔しい。

 

NSXの人気を思い知りましたね。

 

 

 

色々なクルマと

2016年のホンダスポーツトミカ

f:id:nullgadget:20161217210653j:plain

思えば今年はホンダスポーツのトミカが豊作の一年でした。

1月には軽コンパクトスポーツのS660のトミカ、7月にはNSX同様復活を遂げたシビックタイプRのトミカと今なおカリスマ的な人気を誇るS2000タイプSのトミカが登場しましたね。

 

 

シビックS2000トミカは当ブログでも紹介しているので是非。

来月には初代NSX TypeRのトミカプレミアムも発売、楽しみです。

 

NSXたち

f:id:nullgadget:20161217210647j:plain

過去、初代・二代目のNSX TypeRはそれぞれトミ化されています。ちなみにこの2台は私の幼少期のお気に入りのトミカでもあったので、特に初代NSX-Rのトミカは結構痛んでいます。これもある意味トミカらしい姿とも言えるのでしょうね。

 

f:id:nullgadget:20161217210650j:plain

個人的にはNA2型TypeRが好きだったり。今ではかなりのプレミア価格で取引されるクルマとなりましたね。

 

怒涛のスーパーカーラッシュ

f:id:nullgadget:20161217210644j:plain

2016年は10月のR35 MY17モデルを皮切りに、11月はBMW i8、12月はNSX、とトミカ新車においても怒涛のスーパーカーラッシュでしたね。こうして夢を与えてくれるクルマたちがトミカとなるのは嬉しい限りです。

 

トミカ No.23 日産 GT-R (箱)

トミカ No.23 日産 GT-R (箱)

 

  

トミカ No.17 BMW i8 (箱)

トミカ No.17 BMW i8 (箱)

 

 



まとめ

f:id:nullgadget:20161217210658j:plain

日本を代表するスーパースポーツとして再び世界のライバルに殴り込みをかけた新型NSX、早速のトミカでの登場は驚きましたが今回もかなり出来が良く仕上がっていると思います。今回も初回限定版はかなり足が速くなっているようなので気になった方は早めに動かれることをおすすめします。今後のNSXの進化に期待ですね。

 

トミカ No.43 ホンダ NSX (箱)

トミカ No.43 ホンダ NSX (箱)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする