読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

トミカ NO.50 トヨタ プリウス

トミカ ミニカー

 

いよいよ始まった2017年の(通常版)トミカ、今年もこのブログで追いかけていきますよ。 1月は日本を代表するハイブリッドカーが通常トミカ、同じく日本を代表するスポーツカー2車種がトミカプレミアムとして登場です。

f:id:nullgadget:20170121194647j:plain

 

2017年1本目のトミカの記事はこのクルマから。

 

トミカ NO.50 トヨタ プリウス

f:id:nullgadget:20170121194648j:plain

2015年末に登場した四代目トヨタプリウス、環境性能だけではなくTNGAを採用したことによって走行性能も大きく進化したとか。2016年の日本カーオブザイヤーでは新型インプレッサには惜しくも及びませんでしたが高い評価を獲得していたのは記憶に新しいところです。そんな4代目がついにトミカに登場、実車のオーナーさんも多い車種なので待ち望んだ方も多いのではないでしょうか。

 

f:id:nullgadget:20170121194641j:plain

新型プリウスの発表当初かなり話題となった彫りの深いフロントマスク、最近ではかなり新型を見かけるようになってきたため個人的には見慣れてきましたがかなり特徴的ですよね。ヘッドライトの特徴的な形状がよく再現されていますね、ただフロントグリルの黒い彩色やフォグランプの彩色がなく少しのっぺりしているように感じられます。

 

f:id:nullgadget:20170121194638j:plain

サイドからみても特徴的なボディラインですね。Cピラー部のデザインは塗装で再現されています。

 

f:id:nullgadget:20170121194639j:plain

見慣れてはきましたがやはりリアから見ても特徴的なクルマです。実車のテールランプはかなり複雑ですがこちらでは赤一色で彩色されています、いい意味でトミカらしいかなと個人的には思っています。エンブレム類の細かい再現は流石最近のトミカクオリティ。

 

f:id:nullgadget:20170121194642j:plain

バックドアには開閉アクションが採用されています。思えば先代、先々代プリウストミカでもバックドアの開閉アクションが採用されていました。

 

 

初回限定版

f:id:nullgadget:20170121194643j:plain

初回限定版はサーモテクトライトグリーンがモデルと思われます、たまに街中でこの色のプリウスを見かけますがかなり刺激のある色ですね。ちなみにサーモテクトの名の通りこのカラーは遮熱機能を持ち車体表面の温度が上がりにくい新色なのだとか。流石はグローバルハイブリッドカー

 

f:id:nullgadget:20170121194644j:plain

 いい色。

 

f:id:nullgadget:20170121194645j:plain

 

f:id:nullgadget:20170121194649j:plain

通常版とも並べてみましたがこのグリーン、緑好きな私的にはかなりお気に入りです。

 

 

 

まとめ 

f:id:nullgadget:20170121194646j:plain

待ち望んだ現行型プリウストミカ、実際に手に取ってみると先日のBMW i8のような圧巻の再現は見られませんが非常にトミカらしさを感じる1台だと思いました。多くの方が手にするであろう車種であるからこそこの感覚が感じられるのはうれしいですね。個人的には初回限定版のグリーンが非常にオススメです。

 

 

トミカ No.50 トヨタ プリウス (箱)

トミカ No.50 トヨタ プリウス (箱)

 

 

 

広告を非表示にする