読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

(私感)新小型DAP DP-S1/XDP-30Rが発表されて…

 

DP-X1ユーザーとしては企画発表当初から良くも悪くも気になっていたオンキョー&パイオニアイノベーションズの新小型DAP。ついにDP-S1/XDP-30Rとして発表されましたね。

 

Twitterで色々とつぶやいているうちに思いが募り、こうしてキーボードを叩いているわけです。かなり私感が混じった記事ではありますが…。

 

デザインとか…

ONKYO DP-S1

f:id:nullgadget:20170308184407j:plain

http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/portable/dps1/index.htm

 

 

 これがONKYO版のDP-S1、通称rubato。ネーミングからもDP-X1の印象を強く残したイメージを感じます。

 

Pioneer XDP-30R

f:id:nullgadget:20170308184408j:plain

pioneer-headphones.com

 

 一方、こちらがPioneer版のXDP-30R(S)、通称private。こちらもネーミングからXDP-300Rのイメージを強く感じます。個人的にXDP-300R シルバーの質感が好きなので、同じ質感なのは興味をそそられます。

 

両機ともサイドには物理キーとホールドボタンがありますね。

 

ただ…

全体的なイメージは正直なところ、Astell&KernのAK70に似ているというほかありません。

 

 IFAでの発表当初からこのデザインには疑問符が付いていたため、ハッキリと言ってしまうと私自身はこの新型DAP良いイメージを持っていませんでした。また、ディスプレイは2.4インチのタッチパネルですが、筐体のサイズに対してディスプレイサイズのバランスがイマイチだなと思ってしまいます。

 

独自OSを採用しているという事ですが、動きはそこまで悪くなさそうです。Pioneer版のUIは実機を触ってみないとなんとも言えませんね。

 

スペック

SDスロットを2基備え、最大容量は本体ストレージと合わせて416GB。DP-X1/X1AやXDP-100R/300Rに準じた仕様ですね。最大容量が大きいのは率直に嬉しい。

 

また、肝心なオーディオ部は、DACはESSのES9018K2M ご指摘頂いたのですが、ES9018C2MというDP-CMX1と同じDACが搭載されていました。アンプはSABRE 9601Kがそれぞれ二基搭載される左右シンメトリー回路設計だとか。2.5mmバランス接続も対応していますし、この辺りはスペックシート上はGRANBEAT(DP-CMX1)と全く同じ構成ですね。

 

その上、Wi-Fiが搭載されているようで、音楽ストリーミングサービスにも対応しているとの記載がありますね。このあたりは実機を触って確認してみたいところです。

 

再生対応コーデックはDSD(DSF・DSD-IFF)/FLAC/ALAC/WAV/AIFF/MP3/AAC、MQAはアップデートで対応されるとのこと。また、個人的にはかなり驚かされたのですが、2.8/5.6MHzのDSD音源はネイティブ再生に対応。コンパクトな機種ながらDP-X1やDP-CMX1からの着実な進化を感じます。

 

ただ、この手の製品はやはり音が肝心。実機を手にして音を聞いてみないと、スペックを見るだけでは何とも言えません

 

個人的なあれこれ

(いい意味で)気になる点

先述しましたが、やはり驚かされたのがDSDネイティブ再生に対応している点。これまでは主にAK380やWM1Zなどの高価格帯のDAPにしか実装されていなかった機能ですし、5万円を切る価格で市場に投入されるDAPにこの機能を乗せてきた点には率直に驚きました。同じくこの価格帯でデュアルDAC&アンプ構成なのもすごいですね。また、AK Connectの後追い感は否めないにしろ、スマートフォン用専用アプリがリリースされるのも大きなブランドの強みでしょうか。

 

追記:よくよく考えてみるとFiio X5 2nd/3rdはそこまで高価格帯ではないですが、DSDネイティブ再生対応でしたね…。ユーザー様、失礼しました…。

 

(悪い意味で)気になる点

散々言ってきましたが、やはりデザイン。どうしてもAK70のイメージを払拭することができません。後は微妙なディスプレイサイズでしょうか、何度見ても筐体とのサイズが微妙だなと感じてしまいますね…。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170308203514j:plain

実は私自身、デザインの一件もありこのDAPは完全にスルーする気でした。しかし、最近ではDSDネイティブ再生対応のDAPに興味があったり、DP-X1のイヤホンジャックやボリュームノブの調子がイマイチだったりと、新しいDAPに興味があった事も事実。そんな中でいざ発表されてみると、まさかのネイティブDSD再生対応だったり、価格もXDP-30Rでは43000円程だったりと、こんな記事を書いている時点でもうお気づきでしょうがかなり心が揺れています

 

DP-X1の音がかなり好きなので、買い替えは無いと思いますが、買い増しを考えてしまう始末。仮に購入するとすれば質感の好み的にXDP-30Rのシルバーだとは思いますが、じっくり検討しなくては…。まずは試聴してみたいですね。

 

  

広告を非表示にする