nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

(2017年 4月新車)トミカプレミアム NO.14 トヨタ スープラ

 

4月のトミカプレミアム2台目。これまたファンの多い一台ですよね。

f:id:nullgadget:20170415193313j:plain

 

トミカプレミアム NO.14 トヨタ スープラ

"THE SPORTS OF TOYOTA"

f:id:nullgadget:20170415193011j:plain

初期のワイルドスピードでも大活躍した80スープラ。日産のRB26DETTと双璧をなす国産最強直6ターボエンジン、2JZ-GTEを搭載し、今なお多くの人に愛される名車ではないでしょうか。個人的にはスカイラインGT-Rよりもお目にかかる機会が少ないなと感じていて、見かけた際にはじっと見つめてしまうようなクルマです。かなり大柄なエアロパーツで武装された個体が多い車種でもあるので、素の状態で見ると攻撃的というよりは美しさを感じるデザインですね。

 

トミカ トミカプレミアム 14 トヨタ スープラ

トミカ トミカプレミアム 14 トヨタ スープラ

 

 

 

f:id:nullgadget:20170415193124j:plain

フロントマスク。大きめのヘッドライトもお得意のクリアーパーツで再現されていたり、細かい部分の彩色もバッチリ。サイドマーカーが装着された車両はどうやら前期型に当たるようです。

 

f:id:nullgadget:20170415193035j:plain

サイドから。曲線メインの美しいクーペです…。いい意味でトヨタが作ったクルマとは思えない、色褪せないデザインですね。

 

f:id:nullgadget:20170415193100j:plain

リアから、大型のリアウイングがすごい存在感です。細かい彩色も文句なしですね。マフラー内部もブラック塗装されているあたりはプレミアムの意地を感じます。直6特有の甘い音を奏でながら駆け抜けていくスープラやR32~R34GT-R、M3なんかを目にするとハッとしてしまうのがこの記事を書いている人の悩みです。

 

f:id:nullgadget:20170415193219j:plain

ドライバー側に全てが向けられた80スープラのコックピットも再現されていました。どうでもいいことかもしれませんが、ハンドルとシートがかなり接近していて、このトミカのような状態ではかなり運転するのが大変そうですね 笑

 

f:id:nullgadget:20170415193153j:plain

ホイールももちろん専用品が奢られています。

 

f:id:nullgadget:20170415193244j:plain

一つ前の記事で紹介したR33はIDXと入れ替わる形で登場しましたが、このスープラも同じくトヨタのコンセプトカーであるS-FRと入れ替わる形での登場です。「最新のコンセプトカーをトミカとして出す」という企画はかなり面白いものだったと思うので、今年の東京モーターショーの際にも期待したいものです。S-FRのトミカが欲しい!なんて方は流通在庫限りなのでお早めに。

 

 

nullgadget.hatenablog.com

トミカ トミカプレミアム14 トヨタ S-FR

トミカ トミカプレミアム14 トヨタ S-FR

 

 

余談

私はミニカーの紹介記事を書く際には、そのクルマについて色々と調べながら書いているわけなのですが、 今回色々調べている中で目についたのがこの記事。

gazoo.com

織戸さんが80スープラに乗っていると言う話は知っていたわけですが、このスープラ、率直にかっこいい。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170415193342j:plain

以前、86 GRMNの記事で80スープラの登場にも期待なんてことをボソッと書いていたのですが、それから一年後にはこうして自分のブログで紹介できるとは思いもしませんでした。最近ではBMWと共同開発でスープラの名が復活するという話もかなり聞きますよね。

response.jp

 

80スープラも根強いファンを持つ一台ですし、待ち望んでいた人も多いはず。そんな方々の期待にも応えてくれる一台だと思いますよ。

広告を非表示にする