nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

AUTOart 1/43 スバル インプレッサ WRX STI (涙目)

 

 

久々に手持ちの1/43モデルを紹介。今回も相変わらずスバル、そしてお気に入りの1台です。

f:id:nullgadget:20170408171319j:plain

 

Autoart 1/43 スバル インプレッサ WRX STI

f:id:nullgadget:20170408171129j:plain

スバルがラリーで輝いていた時代の華々しさとスパルタンさを色濃く感じるGDBインプレッサWRX STI、私のあこがれのクルマの一台でもあります。現在でも中古車市場ではかなりの人気を誇り、同年代の4代目レガシィ同様にそこそこ距離を走った個体でもいいお値段が付いていますね。特に限定車であるSシリーズやSpec.CのタイプRA-Rなんかは恐ろしい。そして、そんな世界的な人気がある意味仇となり、悲しくも車両盗難の格好のターゲットにもなってしまっているのも事実。


インプレッサWRX STII GDB-C登場 新旧対決BATTLE!!【Best MOTORing】2003

 

インプレッサWRXオーナーズマニュアル (レッドバッジシリーズ (265))

インプレッサWRXオーナーズマニュアル (レッドバッジシリーズ (265))

 

 

そんなGDBは初期モデルの丸目から涙目、そして鷹目と呼ばれるように二度の大幅なフェイスリフトが行われていますが、今回はその中でも中期モデルにあたる涙目の1/43モデルです。

 

 

f:id:nullgadget:20170408170925j:plain

f:id:nullgadget:20170408171344j:plain

フロントマスク。GDBアイデンティティーともいえるゴールドのホイールに目がいってしまいがちですが、フォグランプカバーやグリル内、ナンバープレートのエンブレム類もばっちり。非常に目立つボンネットダクトもリアルです。フロントフェンダーブリスター具合も堪りませんね。

 

f:id:nullgadget:20170408171035j:plain

サイドから。WRX STIには欠かせないであろうアイテム、ブレンボキャリパーもブレンボの印字まではありませんが装着されていますね。フロントドアのSTIステッカーも細かく再現されています。ただ、やっぱりリアウイング・ボンネットダクトの存在感が凄まじい。

 

f:id:nullgadget:20170408170941j:plain

f:id:nullgadget:20170408171216j:plain

リアから、WRXのエンブレムが輝いています。そして、インプレッサWRXといえば、というイメージが根強い大型リアウイングも存在感抜群。以前、GDA(WRXの非STIモデル)に乗る機会があったのですが、高速でリアウイングが風圧でしなっているのを見て、効いてるな!と実感したのはいい思い出です。

 

f:id:nullgadget:20170408171152j:plain

マフラーはその輝き具合から想像するに社外品でしょうか← 

個人的なイメージですが、GC・GD系インプレッサやBG・BH系レガシィはマフラーが変わっている個体がかなり多い気がします。余談ですが我が家のBPレガシィはノーマルマフラーです。

 

f:id:nullgadget:20170408171011j:plain

内装もかなりリアル。シートはもちろん純正でブルーです。

 

f:id:nullgadget:20170408171059j:plain

最後に裏から。

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170408171249j:plain

こうして個人的に好きなクルマのミニカーを紹介していると楽しくなってきます。これからGDBの相場は上がっていく一方でしょうが、やはりいつかはMTのWRX系に乗りたいなぁと改めて思ってしまいました。同じくAutoartから過去に丸目・鷹目モデルとも1/43モデル化されているようなので、また中古屋で見つけたりしたら購入して並べたいところですね。

 

 

 

Autoart 1/18 Scale Diecast 78643 Subaru New Age Impreza WRX STi white

Autoart 1/18 Scale Diecast 78643 Subaru New Age Impreza WRX STi white

 

 

 

 

 

広告を非表示にする