nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

夏のワイヤレスイヤホン物欲記

 

 

最近はポタオデネタが乏しいのでミニカーばかり取り上げてきましたが、久々にポタオデのお話を。  

 

 

最近のポタオデ近況

f:id:nullgadget:20170612212340j:plain

はい、何も買っておりません

 

DAPの話

7月に入りちょうどDP-X1を購入して一年経過したわけですが、この一年の間に色々思うことはあれど結果的には完全に気に入っていて、買い換える理由が現状では特に見つかりません、予算も見つかりません。

 

正直なところガタは色々なところに見え隠れしていますが、仮に今の愛機が壊れても、修理に出すかDP-X1系もしくはXDP-300Rを購入するかなと思います。良い感じの後継機がその時点で出ていれば話は別ですが。現状、総合的に考えてONKYO/Pioneerのこのシリーズが一番自分には合っているんですよね、価格もべらぼうに高すぎず音も好きですし。

 

イヤホンの話

もちろんIE800 Balancedを愛用中です。ケーブルをどうにかしたいと思いながらも、夏にPoppin'Partyの武道館ライブが待ち構えているので、そこへの出費がかさんでまだ手をつけられていません。

 

最近ではDITA DreamやHIFiMAN RE800なんかの高級D型イヤホンがこの界隈では話題ですが、どちらを聴いてみても僕にはやはりIE800が一番合う、惚れ直す日々です。

 

 

 そんな今日この頃ですが、今回の本題へ。

 

 

 

ワイヤレスイヤホン探し…

 

iPhone 7の発売以降、一気に加速した感のあるワイヤレスイヤホン業界。個人的には目を三角にして音の良さを求めるタイプではないので興味はありました。実際にONKYOのW800BTBという左右独立イヤホンを試聴して購入寸前のところまで行ったりしたこともあったり、ずっと欲しいなと思っていたのも事実です。ただ、当時は買っても使わなくなったら怖いなーと躊躇していました。しかし、「そろそろ一本買いたいよなー」と思う日々が続いており、真剣に選び始めてもいいかなと思い始めたわけです。

 

とりあえず、ざっくりとした条件は…

  • 気持ちよく音楽を聴ける(最重要)
  • 高すぎない
  • 完全独立使ってみたい(例外あり)

 

と、こんなところ。「気持ちよく」というのは、聴いていても「これなら不便でもIE800でいいや」と思わない程度に好きと思える音か否かといった具合です、数値や対応コーデック的な話は正直どうでも良いです。

 

その上で今のところの候補は4機種…

 

ONKYO W800BTB

ONKYO フルワイヤレスイヤホン ブラック W800BTB

ONKYO フルワイヤレスイヤホン ブラック W800BTB

 

先述の通り一度買いかけた機種でもあり、今回挙げる機種の中では唯一試聴したことがある機種でもあります。音に関しては普通に納得できるレベルでほぼ無問題、SpinFitで高域をちょっと強化してやりたいなと思った記憶があります。価格も新品で1.8万円程度、中古で1.5万円程度と悪くないのではないでしょうか。

 

f:id:nullgadget:20170702184342j:plain

ただ、充電用のクレードルも兼ねたケースがかなり大柄なのが気になっています。写真は以前試聴した際に撮った一枚ですが、DP-X1と比べても結構大柄なのが判るかと。あとは少々派手めなデザインも微妙…。それでも現時点では有力な候補です。

 

 

EARIN M-1

僕の中では、「左右独立ワイヤレスイヤホンといえばEARIN」というイメージがあるこの機種。それほどまでに初めて存在を知った時の驚きは大きかったものです。価格的には新品で2.3万円程度、中古で1.7万円程度とまずまずといった印象。

 

魅力的なのはとてもミニマムでスマートなプロダクトだという点、先ほどのW800BTBとは違いケースもとても小柄な様子なので、持ち運びの点で苦労することはなさそうです。

 

一方で気になっているのはBA1発の構成だという点。過去に所有していたKlipsch X10など、シングルBAのイヤホンでも魅力的な音を鳴らしてくれるイヤホンは数多く存在するのはもちろん承知していますが、同時に当たり外れが大きい構成でもあると個人的には感じているので要試聴ですね。音に不満がなければW800BTBより魅力的に映るプロダクトです。 

 

ERATO Apollo7/7s

EARIN M-1と同じくかなりスマートな印象のあるERATO Apollo7s。 そんなプロダクトとしてのスマートさだけでなく、イヤホンとしての音の面での評価がEARINよりも一段上なのがかなり気になるポイント。気持ちよく聴けるか否かを重視したイヤホン選びではどうしても気になってしまいます。

 

ただ、現実的に問題なのが価格。Apollo7sは新品価格で約4万円、IE800とDP-X1の購入で「少し高くても良いモノを買えば後悔しない」ということは重々承知していますが、実際に買えなくては意味がありません。一方で3Dサラウンド機能などを搭載しない先代モデルにあたるApollo7の中古は2.3万円程度、これであればなんとか手が出そうではあります。

 

 

B&O Play BeoPlay H5

 今回の候補では唯一、左右独立イヤホンではないのがこのBeoPlay H5。左右独立を使ってみたいという思いに背いてまでこのイヤホンが魅力的に映る理由はやはりの面。

 

このイヤホンの様々なレビューを読んでいると、高域がキレイという記述をよく目にしし、低域の印象も私の好みに合いそうな印象。あくまでも文字面だけでの印象なので実際に聴いてみて印象がガラッと変わってしまう可能性は大いにあるのですが、愛機IE800の傾向に近そうなダイナミック型イヤホンという点ではどうしても無視することができない一本です。価格は新品で3万円程度、中古で1.7万円程度と高すぎる印象はありません。

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170702184326j:plain

最近頭の中で考えていた各機種に対するイメージを簡単に文字にしてみましたが、実際に書いてみると試聴前のイメージの段階ではどの機種も良い勝負ですね。ただ、すぐに購入できるか否かは不透明ですが…。

 

いずれにせよ現時点では本当に未試聴で触れたことのない機種がほとんどなので、実際に聴いて納得できるか、そこを重要視して一度実機に触れてみたいと思います。

 

 

広告を非表示にする