nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

Android版HF Playerのオープンβテストが開始 早速触ってみた

 

f:id:nullgadget:20170807161012j:plain

 ONKYOが提供するスマートフォン向け音楽再生アプリ、HF Player。私もiOSで音楽を聴いていた時代にはかなりお世話になっていました。今愛用しているDP-X1等”オンパイ”のAndroid搭載プレーヤー専用のMusicアプリもベースはこのHF Playerとなっているようです。

 

av.watch.impress.co.jp

そんなHF Playerが大幅な内容のアップデートを前に、Android版でβテストを開始との一報。DP-X1で早速試してみました。

 

 

Playストアからオープンベータに登録

 ※前述の通りAndroid版向けです

 

nullgadget.hatenablog.com

以前、DP-X1等専用Musicアプリで実施されたオープンベータテストと基本的には同じ方法で登録します。適用方法はリンク先の記事に細かくまとめていますが、こちらでも軽く触れておきましょう。

 

f:id:nullgadget:20170807155204p:plain

 PlayストアからHF Playerのページにアクセス。当該アプリのページの最下部には「ベータ版を使ってみる」との表示が。

 

f:id:nullgadget:20170807155207p:plain

登録をタップするとこのような表示に。あくまでもベータ版ですから当然リスクも承知の上で登録しましょう。

f:id:nullgadget:20170807155222p:plain

さらに登録をタップして数分間待機するとベータ版テスターになりましたとの表示が。更新をタップすると実際にアプリのアップデートが開始されます。

 

f:id:nullgadget:20170807155226p:plain

アップデートが完了すると開くの表示が。

 

 

アップデート完了

f:id:nullgadget:20170807155229p:plain

アップデート完了後、HF Playerを初回起動時には使用状況送信に関する表示が。

 

更新後

f:id:nullgadget:20170807155233p:plain

そしてこれがアップデート後の再生画面です。青の差し色があり、各アイコン等も以前に比べると率直にかっこよくなったなと感じました。ただ、この音源は24bit/96kHzの音源ですが実際には48kHzにダウンサンプリングされて出力されています、ここはDP-X1のMusicアプリとは異なる点です、そしてHF Playerの仕様ですね。

 

オーディオ&ビジュアル製品情報:Onkyo HF Player

※88.2kHz以上は、Android端末の仕様により、44.1kHzまたは48kHzにダウンサンプリングされます。 

 

 

 

更新前

f:id:nullgadget:20170807155211p:plain

比較用にアップデート前の再生画面も。以前からも薄々感じてはいましたが古さを感じます。このバージョンには音量調節バーもありませんね。

 

DP-X1用Musicアプリと…

f:id:nullgadget:20170807163107p:plain

さらに比較用にDP-X1/X1A用のMusicアプリの再生画面も。シャッフル/リピートや曲送り/戻しのアイコンが今回の更新版HF Playerとかなり似ています、というか同じものではないでしょうか。

 

ベースが同じゆえ…

更新後HF Player フォルダ選択画面 (DP-X1)

f:id:nullgadget:20170807155240p:plain

 

更新後HF Player フォルダ選択画面 (Xperia Z5)

f:id:nullgadget:20170807170205p:plain

さらにフォルダ選択画面、この画面を見た瞬間思い起こされたのはやはり…

 

DP-X1/X1A用Musicアプリ フォルダ選択画面

f:id:nullgadget:20170807155355p:plain

DP-X1用Musicアプリのフォルダ選択画面、相当似ているデザインです。とはいえ、元はMusicアプリのベースもHF Playerで、当然どちらのアプリも開発元が同じですからこうなるのは必然でしょうね。

 

楽曲選択画面

f:id:nullgadget:20170807155337p:plain

f:id:nullgadget:20170807155341p:plain

上は今回の更新版HF Player、下はDP-X1用Musicアプリのアルバム選択画面、こちらも細かい部分を除いてほぼ同様のデザインです。

 

f:id:nullgadget:20170807155347p:plain

また、今回のHF Playerではアルバムやアーティストなどの選択画面で途中、広告が挿入されています。

 

f:id:nullgadget:20170807155334p:plain

アンロック版(1000円)を購入すれば広告は非表示に、また、USB DAC接続時のアップサンプリング機能やダウンコンバートなしの出力が可能になるようです。

 

その他

f:id:nullgadget:20170807155330p:plain

f:id:nullgadget:20170807155314p:plain

同じく上が今回のHF Player、下がMusicアプリのサイドメニュー。

 

f:id:nullgadget:20170807155322p:plain

f:id:nullgadget:20170807155326p:plain

同じく上がHF Player、下がMusicアプリのイコライザー設定画面。

 

と、従来は専用アプリだったMusicアプリとかなり共通化されたデザインとなっているようです。古さを感じさせられる印象だった更新前のHF Playerよりもかなり近代的なデザインですね。

 

「プチリリ」対応

f:id:nullgadget:20170807155259p:plain

petitlyrics.com

これも以前の専用Musicアプリの大型アップデート時に追加されていた機能ですが、プチリリによる再生画面での歌詞の表示が可能となりました。UI変更と同じくかなり大きなアップデートポイントですね。歌詞表示は個人的にDP-X1のMusicアプリでも気に入っている機能で、これが無料版でも使えるのはイイですね。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170807160201j:plainというわけで個人的に気になった点を駆け足で紹介してききましたが、個人的には”使える”アップデートではないかなと思います。とくにこれまで古さを感じざるを得なかった再生画面等のUIがかなり近代的なモノへと変更されたのは嬉しいですね。

 

今回のβテストは8/7から8/20にかけて実施され、8月末から9月上旬に本公開される予定とのこと。ベータ版故に挙動等が不安定となるリスクを覚悟の上で楽しんでみるのもいいかもしれません。

 

 

 

ヒトリゴト

ヒトリゴト

 

 

 

 

 

広告を非表示にする