nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

(2017年 10月新車)トミカプレミアム NO.24 SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE

 

f:id:nullgadget:20171021201205j:plain

今月もトミカウィークがやってきました、今月は私得なこのクルマを紹介していきます。

 

トミカプレミアム NO.24 SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE

f:id:nullgadget:20171021200745j:plain

NBR24ことニュルブルクリンク24時間耐久レース、グリーンヘルと呼ばれる世界一過酷とも言われるドイツのサーキット、ニュルブルクリンクで毎年5・6月頃に行われる24時間耐久レースです。そんなレースにSUBARU/STIが2008年からワークス体制で出場しているのはクルマ好きの間では広く知られた事ではありますが、今回トミカプレミアムとして2017年のニュル24時間レース SP3Tクラス出走マシンであるWRX STI NBR CHALLENGEが登場しました。

 

このWRX STI NBR CHALLENGEは左ハンドル仕様の市販されているWRX STIをベースとしたマシンではありますが、シャシー面ではホイールベースが50mm、リアトレッドが30mm伸ばされていたり、ボディもダウンフォース獲得の為に市販車とは大幅に形状が異なるリアウイングやフロント・リアフェンダーが採用されていたりと実際の市販車からかなり大幅にモディファイを受けた車両となっていますね。

 


「2017 ニュルブルクリンク24時間耐久レース」 ダイジェストムービー/SUBARU WRX STI

そんな2017年のニュル24時間レースではクラス3連覇を目指して戦っていたこの90号車、他マシンとの接触で大幅なダメージを負いながらもクラス3位を走行していたレース残り3時間というタイミングで突然エンジンルームから出火、そのままリタイアという結果でした。これまでリタイアなく2008年から2016年まで戦っていたSUBARU/STIのマシン、私自身も炎を上げる青いWRXの姿を見て衝撃を受けたのは記憶に新しいです。

 

2018年、再びニュル24時間レース SP3TクラスにWRXが出走し活躍する姿をファンとしては期待せずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

さて、トミカの話へと戻りましょう…

 

 

f:id:nullgadget:20171021200922j:plain

フロントマスク。市販車とは大きく異なる大型のリップスポイラーや大きくダクトが開けられたボンネット、いかにもレーシングカーといった雰囲気を醸し出すフロントフェンダーといったカタチ的な部分はもちろん、グリルの赤ラインやSTIエンブレムといった細かい部分も再現されていますね。もちろん実車に比べれば細かいデカール類は省略されていますが雰囲気は十分に出ていると思います。

 

 

f:id:nullgadget:20171021200843j:plain

個人的にはこのリップスポイラーの再現感がとてもお気に入り。

 

f:id:nullgadget:20171021201714j:plain

シャシー側から見るとフロント・リアはカーボン地がうまく再現されています、すごい。

 

 

f:id:nullgadget:20171021200728j:plain

サイドから。巨大なリアウイングが目を惹きますが、細かい点ではフロントドアの小窓がレーシングカーらしい雰囲気を感じさせてくれます。ここでも細かいデカール類はかなりバッサリと省略されています。

 

f:id:nullgadget:20171021200647j:plain

リアから。ディフューザーフェンダーの形状がなんともレーシングカーといった感じです。

f:id:nullgadget:20171021201753j:plain

リアウインドウのドイツポストのハチマキが個人的にはお気に入り。

 

f:id:nullgadget:20171021201040j:plain

ちなみにこの大型のウイングを備えたトランクリッド部分は脱着可能です、開封時には取り外した状態でした。それにしてもリアウイングが巨大…

 

f:id:nullgadget:20171021200905j:plain

ルーフにはSUBARUSTI

 

f:id:nullgadget:20171021200807j:plain

うまくお伝えできませんが左ハンドル仕様・ドライバーズシートのみ、と車内の様子もうまく再現されています。

 

f:id:nullgadget:20171021200547j:plain

このNO.24と同日発売のNO.5 ランボルギーニ イオタ SVRからトミカプレミアムのパッケージの意匠が変更されていました。他のモデルでも徐々にこちらの形式に置き換えられていくのでしょうか。

 

f:id:nullgadget:20171021200626j:plain

リアからの姿をこうして見られるようになったのはいいですね。

 

色々なクルマたちと

f:id:nullgadget:20171021201059j:plain

f:id:nullgadget:20171021200944j:plain

 

トミカ No.112 スバル WRX STI Type S(箱)

トミカ No.112 スバル WRX STI Type S(箱)

 

 まずは市販モデルのVABと。厳密に言うとこの2017年モデルのNBRマシンは9月頃にデビューした後期型(D型)のWRXがベースとなっているため少しお顔は異なっています。

nullgadget.hatenablog.com

D型WRXのミニカーといえばこちらも…

 

 

f:id:nullgadget:20171021200711j:plain

さて、実は過去にもニュル24時間マシンを模したトミカは登場していました。

 

 

f:id:nullgadget:20171021200825j:plain

f:id:nullgadget:20171021201019j:plain

 2014年9月にイオンチューニングカーシリーズの第16弾として登場していたSUBARU/STIのニュル参戦マシンのカラーリングを模したモデル 、このシルバーボディのGRBはニュル24時間参戦2年目の2009年のマシンです。当時のリザルトはSP3Tクラス5位だったそうな。トミカだけでなく実車でもより市販車然としたマシンで、こうして並べてみるとカラーリングもかなり印象が違いますね。因みにこのマシンで得られたノウハウは後のSTIコンプリートカーであるR205に生かされているようです。

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20171021200607j:plain

レースでは無残な姿となってしまった2017年のマシンでしたが、こうしてトミカとして登場する事で他のマシンたちとはまた違った格好で歴史に名を刻んだかもしれません。トミカとしても本物のレーシングカーの雰囲気をとても濃く感じられる一台です、ファンでなくとも手に取ると満足感のある一台だと思います。

トミカ トミカプレミアム 24 SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE

トミカ トミカプレミアム 24 SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE

 

 

 

広告を非表示にする