nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

(2017年 7月新車) トミカプレミアム NO.23 三菱 ランサー GSR エボリューション Ⅲ

 

f:id:nullgadget:20170715193423j:plain

7月のトミカプレミアム、WRX好きの私には切っても切り離せない存在、”エボ”が登場しました。早速見ていきましょう。

 

トミカプレミアム NO.23 三菱 ランサー GSR エボリューション Ⅲ

f:id:nullgadget:20170715193325j:plain

海外で名声を誇る日本製スポーツカーの一台に数えられる存在である三菱 ランサーエボリューションランエボ。スバル好き、つまりインプレッサ好きである私にとっては一見ライバルのような存在かもしれませんが、今のWRX STIの姿もランエボとのWRCを交えて繰り広げられた熾烈な開発競争がなければ存在しなかったかもしれません。ランエボの名が現行車としては途絶えてしまった今、WRXランエボはもはやライバルというよりは盟友といった関係ではないでしょうか。

 

そんなランエボの中でも今回トミカプレミアムとして登場したのはランエボⅢと呼ばれるモデル。ランエボお家芸とも言えるAYCを搭載する以前のモデルだそうですが、インプレッサとは違ってランエボの歴史については明るくないので今回は控えめに書きたいと思います。

 

 

f:id:nullgadget:20170715193344j:plain

フロントマスク、まさにランエボといった顔です。このエボⅢからエボⅥにかけて次第にフロントバンパーが派手になっていきましたが、このエボⅢではまだ少し穏やかな顔かもしれません。カッコいいボンネットの内側に収まっているのは無論、名機4G63。ウインこのトミカは写真でみるより実物の方がカッコいいですね。

 

 

f:id:nullgadget:20170715193223j:plain

ホイール、最近のクルマとは違うシンプルでスパルタンな印象ですね。OZ RACINGの赤いロゴが素敵。

 

f:id:nullgadget:20170715193307j:plain

サイドから、最近のセダンよりも角が立ったボディライン、この写真を見てふとメルセデスの190E 2.5-16 エボリューションを思い出してしまいました、なんとなく似てる。

AUTOart 1/18 メルセデス ベンツ 190E 2.5-16 Evo2 (ブラック)

AUTOart 1/18 メルセデス ベンツ 190E 2.5-16 Evo2 (ブラック)

 

 大型のリアウイングはWRXだけではなくランエボの伝統でもありますよね。サイドシルのEVOLUTION Ⅲのデカールがとてもかっこいい。

 

 

f:id:nullgadget:20170715193245j:plain

リアから。やはりリアウイングの存在感は抜群です。トミカプレミアムらしくリアテールランプはクリアーパーツで再現されていて、LANCERやMITSUBISHIのロゴもバッチリです。ナンバープレートのEVOLUTION Ⅲのロゴがめっちゃカッコいい…

 

切っても切り離せないエボとWRX

 

f:id:nullgadget:20170715203847j:plain

筆者の中では切っても切り離せない存在であるのがスバルのWRXと三菱のランエボ。このブログでも様々な記事で散々登場してくれていますが、トミカプレミアムでもインプレッサ 22B-STiがラインナップされていますね。

 

 

 

f:id:nullgadget:20170715203735j:plain

f:id:nullgadget:20170715203829j:plain

f:id:nullgadget:20170715203904j:plain

 

f:id:nullgadget:20170715203753j:plain

WRCでの戦いを通じて共に鍛え上げられてきた両車、WRX好きとしては良きライバルであり盟友であるランエボはやはり特別な存在です。ファイナルエディションという形でランエボの歴史は一度幕を下ろしてしまいましたが、いつかまた何らかの形で両車の新モデル同士がバトルする、そんな姿をクルマ好きとして見てみたいものです。AYCをはじめランエボで培われた技術たちは確実に現行の三菱のクルマたちに引き継がれているはず、色々ありましたが三菱には再び輝いてもらいたいですね。

  

 

f:id:nullgadget:20170715193405j:plain

トミカ トミカプレミアム 12 トヨタ セリカ GT-FOUR

トミカ トミカプレミアム 12 トヨタ セリカ GT-FOUR

 

ちなみに今月をもって(元)NO.12のセリカ GT-FOURトミカプレミアムのラインナップから外れています。こちらもラリー色を強く感じるモデル、お探しの方は流通在庫限りだと思われるのでお早めに。 

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170715203811j:plain

今回も納得のクオリティで登場してくれたランエボⅢのトミカプレミアム。かなりトミカ本体とは脱線した話が多くなった気もしますが、私含め国産スポーツカーが好きなトミカファンの方々にとっては目の離せない一台ではないでしょうか。 

タンポや彩色もキレイで、ブラックボディが引き締まった印象を受け、トミカ公式ページに掲載されている写真よりも手にすると良さを感じさせてくれる1台だと思いました。 

 

 

 

夏のワイヤレスイヤホン物欲記

 

 

最近はポタオデネタが乏しいのでミニカーばかり取り上げてきましたが、久々にポタオデのお話を。  

 

 

最近のポタオデ近況

f:id:nullgadget:20170612212340j:plain

はい、何も買っておりません

 

DAPの話

7月に入りちょうどDP-X1を購入して一年経過したわけですが、この一年の間に色々思うことはあれど結果的には完全に気に入っていて、買い換える理由が現状では特に見つかりません、予算も見つかりません。

 

正直なところガタは色々なところに見え隠れしていますが、仮に今の愛機が壊れても、修理に出すかDP-X1系もしくはXDP-300Rを購入するかなと思います。良い感じの後継機がその時点で出ていれば話は別ですが。現状、総合的に考えてONKYO/Pioneerのこのシリーズが一番自分には合っているんですよね、価格もべらぼうに高すぎず音も好きですし。

 

イヤホンの話

もちろんIE800 Balancedを愛用中です。ケーブルをどうにかしたいと思いながらも、夏にPoppin'Partyの武道館ライブが待ち構えているので、そこへの出費がかさんでまだ手をつけられていません。

 

最近ではDITA DreamやHIFiMAN RE800なんかの高級D型イヤホンがこの界隈では話題ですが、どちらを聴いてみても僕にはやはりIE800が一番合う、惚れ直す日々です。

 

 

 そんな今日この頃ですが、今回の本題へ。

 

 

 

ワイヤレスイヤホン探し…

 

iPhone 7の発売以降、一気に加速した感のあるワイヤレスイヤホン業界。個人的には目を三角にして音の良さを求めるタイプではないので興味はありました。実際にONKYOのW800BTBという左右独立イヤホンを試聴して購入寸前のところまで行ったりしたこともあったり、ずっと欲しいなと思っていたのも事実です。ただ、当時は買っても使わなくなったら怖いなーと躊躇していました。しかし、「そろそろ一本買いたいよなー」と思う日々が続いており、真剣に選び始めてもいいかなと思い始めたわけです。

 

とりあえず、ざっくりとした条件は…

  • 気持ちよく音楽を聴ける(最重要)
  • 高すぎない
  • 完全独立使ってみたい(例外あり)

 

と、こんなところ。「気持ちよく」というのは、聴いていても「これなら不便でもIE800でいいや」と思わない程度に好きと思える音か否かといった具合です、数値や対応コーデック的な話は正直どうでも良いです。

 

その上で今のところの候補は4機種…

 

ONKYO W800BTB

ONKYO フルワイヤレスイヤホン ブラック W800BTB

ONKYO フルワイヤレスイヤホン ブラック W800BTB

 

先述の通り一度買いかけた機種でもあり、今回挙げる機種の中では唯一試聴したことがある機種でもあります。音に関しては普通に納得できるレベルでほぼ無問題、SpinFitで高域をちょっと強化してやりたいなと思った記憶があります。価格も新品で1.8万円程度、中古で1.5万円程度と悪くないのではないでしょうか。

 

f:id:nullgadget:20170702184342j:plain

ただ、充電用のクレードルも兼ねたケースがかなり大柄なのが気になっています。写真は以前試聴した際に撮った一枚ですが、DP-X1と比べても結構大柄なのが判るかと。あとは少々派手めなデザインも微妙…。それでも現時点では有力な候補です。

 

 

EARIN M-1

僕の中では、「左右独立ワイヤレスイヤホンといえばEARIN」というイメージがあるこの機種。それほどまでに初めて存在を知った時の驚きは大きかったものです。価格的には新品で2.3万円程度、中古で1.7万円程度とまずまずといった印象。

 

魅力的なのはとてもミニマムでスマートなプロダクトだという点、先ほどのW800BTBとは違いケースもとても小柄な様子なので、持ち運びの点で苦労することはなさそうです。

 

一方で気になっているのはBA1発の構成だという点。過去に所有していたKlipsch X10など、シングルBAのイヤホンでも魅力的な音を鳴らしてくれるイヤホンは数多く存在するのはもちろん承知していますが、同時に当たり外れが大きい構成でもあると個人的には感じているので要試聴ですね。音に不満がなければW800BTBより魅力的に映るプロダクトです。 

 

ERATO Apollo7/7s

EARIN M-1と同じくかなりスマートな印象のあるERATO Apollo7s。 そんなプロダクトとしてのスマートさだけでなく、イヤホンとしての音の面での評価がEARINよりも一段上なのがかなり気になるポイント。気持ちよく聴けるか否かを重視したイヤホン選びではどうしても気になってしまいます。

 

ただ、現実的に問題なのが価格。Apollo7sは新品価格で約4万円、IE800とDP-X1の購入で「少し高くても良いモノを買えば後悔しない」ということは重々承知していますが、実際に買えなくては意味がありません。一方で3Dサラウンド機能などを搭載しない先代モデルにあたるApollo7の中古は2.3万円程度、これであればなんとか手が出そうではあります。

 

 

B&O Play BeoPlay H5

 今回の候補では唯一、左右独立イヤホンではないのがこのBeoPlay H5。左右独立を使ってみたいという思いに背いてまでこのイヤホンが魅力的に映る理由はやはりの面。

 

このイヤホンの様々なレビューを読んでいると、高域がキレイという記述をよく目にしし、低域の印象も私の好みに合いそうな印象。あくまでも文字面だけでの印象なので実際に聴いてみて印象がガラッと変わってしまう可能性は大いにあるのですが、愛機IE800の傾向に近そうなダイナミック型イヤホンという点ではどうしても無視することができない一本です。価格は新品で3万円程度、中古で1.7万円程度と高すぎる印象はありません。

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170702184326j:plain

最近頭の中で考えていた各機種に対するイメージを簡単に文字にしてみましたが、実際に書いてみると試聴前のイメージの段階ではどの機種も良い勝負ですね。ただ、すぐに購入できるか否かは不透明ですが…。

 

いずれにせよ現時点では本当に未試聴で触れたことのない機種がほとんどなので、実際に聴いて納得できるか、そこを重要視して一度実機に触れてみたいと思います。

 

 

トミカギフト SUBARU COLLECTION

 

6月のトミカウィーク、今月はギフトセットをご紹介。

f:id:nullgadget:20170617202317j:plain

 

トミカギフト SUBARU COLLECTION

f:id:nullgadget:20170617202520j:plain

テーマに沿った車種セレクトでおなじみのトミカギフト。「ランボルギーニセット」や「栄光のGT-Rセット」など特定のメーカー/車種に特化したセットが現在も販売されていますが、今回はSUBARUに特化した車種セレクトで登場。完全に私得ですね。車種ラインナップはこの4台、BRZが先月発売された後期型ではなく前期型だったり、トミカショップオリジナルの一台とかなり雰囲気が似たBM型レガシィB4のパトロールカーだったりと今更感を感じる車種がちらほらといったイメージですが、

と、結構考え抜かれたラインナップのような気もします。「街中でよく見るフォレスター」というチョイスも個人的にはアリだった気はしますが…

 

早速一台づつ見ていきましょう。

 

レガシィB4 パトロールカー 

f:id:nullgadget:20170617202437j:plain

f:id:nullgadget:20170617202645j:plain

f:id:nullgadget:20170617202458j:plain

まず一台目はレガシィB4のパトロールカー、カラーリングは警視庁仕様です。街中で結構見かける機会も多いですが、285馬力のEJ25ターボエンジンを搭載していると考えると追われたくないパトロールカーの筆頭格かもしれません。

 

nullgadget.hatenablog.com

 

f:id:nullgadget:20170617202204j:plain

以前も当ブログで紹介したトミカショップ限定のレガシィB4 パトロールカーのある意味バリエーション版といっても差し支えないでしょうか。

 

f:id:nullgadget:20170617202224j:plain

よく見ると以前の神奈川県警仕様はソリッドホワイトでしたが、今回の警視庁仕様はパールホワイトでした。

 

個人的には素のレガシィB4セダンのターボ版ボンネット仕様の新カラーバリエージョンを出して欲しかったのは確かなのですが、いずれにせよ街中でお目にかかる機会の多いスバル車であることには間違い無いのでこのセレクトには納得です。

 

インプレッサ WRX STI (GRB型/WRカー仕様カラーリング)

f:id:nullgadget:20170617202723j:plain

f:id:nullgadget:20170617202308j:plain

f:id:nullgadget:20170617203003j:plain

スバル=WRブルーという黄金の組み合わせを体現している一台だなと個人的に思ったのがこのインプレッサWRX STI、しかもWRCに出場していたマシンと同じカラーリングです。ホイールもゴールドだったらある意味完璧だった気がしますが、ホワイトのホイールもラリーカーらしさが出ていて素敵ですね。というか、トミカのホイールでホワイトは結構珍しい気がします。ナンバー・555でWRカーのレプリカとして街中を走っていそうな雰囲気ですね。

 

f:id:nullgadget:20170617203040j:plain

通常版のGRBインプレッサWRX STIトミカよりも明るめの青です。実車のテールランプはクリアーレンズですが、今回のモデルは赤ですね。

f:id:nullgadget:20170617203135j:plain

f:id:nullgadget:20170617203153j:plain

同じカラーリングのNO.7、WRX STI 4door グループR4仕様と。妙な安心感を感じます。

 3台目インプレッサWRX STIの5doorモデルは最後に世界ラリー選手権に参戦したスバル車ですし、カラーリングも含めてこちらも順当なセレクトかもしれません。

 

SUBARU BRZ (前期型) 

f:id:nullgadget:20170617202201j:plain

f:id:nullgadget:20170617202219j:plain

f:id:nullgadget:20170617202833j:plain

先月後期型のトミカが発売されたばかりのBRZ、不思議な話ですが今回のギフトセットでは前期型がラインナップされています。カラーはガンメタ、いまいち新鮮味に欠ける印象です。引き締まった印象でかっこいいので文句はないですが。

nullgadget.hatenablog.com

 

f:id:nullgadget:20170617203211j:plain

86/BRZの後期型も少しづつ増殖してきているのは事実ですが、やはり街中で見かける86/BRZはまだまだ大半が前期型。身近に感じられるスバル車としてのチョイスとして今回の前期型が選ばれたのでしょうか、そういうことで納得しておこうと思います。とはいえ、一実車ファンとしては前期・後期問わず新たにBRZトミカにバリエーションが増えたことは率直に嬉しい限りです。

 

WRX STI Type S

f:id:nullgadget:20170617202946j:plain

f:id:nullgadget:20170617202704j:plain

f:id:nullgadget:20170617202853j:plain

来週にD型への大型マイナーチェンジを控えたVAB型WRX STI。とはいえ、もちろんトミカは前期型がベースとしてモデル化されているので今回登場したのも既存の前期型VABのカラーバリエーションモデルです。鮮烈な赤、目の覚めるような赤です。そしてボンネットの大型エアインテークとリアの大型リアウイング、WRXアイデンティティーですね。WRX といえば先日のニュルブルクリンク24時間レースでは惜しくもマシントラブルでリタイア、SP3Tクラス三連覇はなりませんでしたね。また来年、進化を果たしたマシンでニュル24時間に挑戦してくれることを期待しましょう 。

 

f:id:nullgadget:20170617202759j:plain

f:id:nullgadget:20170617202420j:plain

f:id:nullgadget:20170617202238j:plain

インプレッサ系から独立しV系(VAB/VAG)となったWRX。同じくV系モデルであり(VMG/VM4)様々な部分を共有するレヴォーグもトミカで販売されていますが、初回特別仕様は同じく鮮烈な赤でした。というわけでツーショットを。

 

8月には新型インプレッサトミカも登場しますが、それに伴ってレヴォーグのトミカは廃盤になる模様。欲しいけどまだ買ってないという方はお早めに。

トミカ No.78 スバル レヴォーグ(箱)

トミカ No.78 スバル レヴォーグ(箱)

 

 

ちなみに私はコレが欲しいです↓

samurai 1/18 スバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイト ブルー

samurai 1/18 スバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイト ブルー

 

 

が、このWRX、記事執筆中に気になったことが。

 

WRXのグリルが違う…?

f:id:nullgadget:20170617210910j:plain

この写真、右側は普段よくこのブログにも登場してくれている初回ロット生産のWRX STI Type Sのトミカで、左側はここまで紹介してきたSUBARU COLLECTIONのWRX STI Type Sのトミカなのですが、よく見るとグリルとバンパーのメッシュ部分の意匠やグリルのエンブレム台座部分の処理が異なっているように思います。具体的には、青のWRXの方がよりメッシュがきめ細かい印象を受け、グリル内の実車ではSTIエンブレムが鎮座している台座部分も、青のWRXではかなりハッキリと表現されていますが赤のWRXではあまりハッキリとは表現されていないように思われました。グリル下縁の広い範囲にまで黒塗装がなされているのはやはり赤モデルだけです。

 

f:id:nullgadget:20170617210948j:plain

この二台はいずれも初回ロット生産のWRXたち。黒モデルもわかりにくいのですが、青と同じくメッシュ部分が今回の赤いWRXよりもきめ細かく、エンブレムの台座部分もハッキリと確認できます。

 

f:id:nullgadget:20170617210929j:plain

一方、この写真の左のモデルは以前にもこのブログで取り上げた2017年3月新車のWRX S4 覆面パトロールカー。実際に赤のWRXと青・黒のWRXと比較すると、ややこしいことにメッシュの細かさもエンブレム台座部分の再現度合いも赤のWRX以上、青・黒のWRX以下という印象を受けました。これを個体差と受け取っていいのか、はたまた本当に金型に改修が入ったのか。真相は謎です。ただ赤のWRXと青のWRXではやはり明らかに違う気がしてなりません…

nullgadget.hatenablog.com

 

ボンネット開閉率75%

f:id:nullgadget:20170617203022j:plain

スバル車のトミカはやたらとボンネット開閉アクション付き率が高いですが、それを象徴しているかのように今回の4台のうち3台はボンネットが開閉します、75%。水平対向という独自のパワーユニットを採用しているクルマたち故、トミカとしてモデル化される際にもその辺りは考慮に入れられているのでしょうかね。というか、このスバル車の開閉アクション付き率の高さはどう考えても意識的なものでしょうね 笑

 

まとめ 

f:id:nullgadget:20170617202929j:plain

SUBARU COLLECTIONというなんとも私得な企画を立ててくれたタカラトミーさんには勝手に感謝です。今更感の強いラインナップではありますが、よくよく考えると結構考え抜かれた(であろう)モデルチョイスに納得してしまってますね。ただ、8月に登場する新型インプレッサを先行でラインナップ! なんて衝撃的なニュースがあればもう少し面白かったような気がします。

 

トミカ トミカギフト SUBARU COLLECTION

トミカ トミカギフト SUBARU COLLECTION