nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

(2018年 5月新車) トミカ NO.76 トヨタ プリウス PHV GR SPORT

f:id:nullgadget:20180519185514j:image

トミカの日です。今月も一捻り加えた車種チョイスが素敵、早速紹介していきます。

 

トミカ NO.76 トヨタ プリウス PHV GR SPORT

f:id:nullgadget:20180519185554j:image

押しも押されぬプリウス、現行モデルでも高い環境性能を持つプラグインハイブリッドモデルがラインナップされていますが、今回トミカとしてモデル化されたのはそのプリウスPHVの”GR SPORT “というグレード。

 

GR SPORTはトヨタ車におけるスポーツ直系グレードにあたり、86からハリアーやノアまで幅広いモデルに設定されています。外装パーツのみならず、専用の足廻りが採用されていたりボディにも補強パーツが装着されていたりと、見掛け倒しではない本格的なスポーツモデルです。

 

f:id:nullgadget:20180519185647j:image

フロントマスク。GRのエンブレムが目立ちますが、なかなか引き締まったシャープな顔立ちです。

 

f:id:nullgadget:20180519185939j:image

サイドから。燃費に直結する空力にも拘ったハイブリッドカーであるため、流線型のボディはクール。大径ホイールを履いているため存在感ありますね。

 

f:id:nullgadget:20180519190635j:image

リアから。フロントも含めて実車ではブラックアウトされた灯火器類は黒塗りで再現されており引き締まった印象です。細かいエンブレム類の再現もかなりリアルですね。黒いトヨタエンブレムはGRの証しなのだとか。

 

f:id:nullgadget:20180519191912j:image

ノーマルプリウストミカ同様にリアゲートは開閉可能です。

 

f:id:nullgadget:20180519192008j:image

プリウスPHVの特徴であるリアゲートガラスの湾曲も再現されています。

 

初回特別仕様

f:id:nullgadget:20180519191142j:image

初回特別仕様はなかなか鮮やかなブルー、ですが実物は写真よりも少し色味がグリーン寄りです。実車のスピリテッドアクアメタリックを再現しているようですね。

 

f:id:nullgadget:20180519191404j:image

 

f:id:nullgadget:20180519191414j:image

サイド・リアから。個人的にトヨタのGRといえば白黒なイメージが強いのですが、プリウスPHVのイメージにはこの色も良く似合ってますね。

 

標準車のプリウス

f:id:nullgadget:20180519192224j:image

フロントから、ご覧の通り全く印象が違います。並べてみると今回のGR SPORTの彩色の細かさも良く分かります。

 

f:id:nullgadget:20180519192619j:image

サイドから。ボディラインは同じと言っても過言ないでしょう、ホイールが変わるだけで印象もかなり変わりますね。

 

f:id:nullgadget:20180519192932j:image

リアから。先述のリアゲートガラスの違いだけではなく、テールランプ廻りの形状もかなり違うことが分かります。トヨタのエンブレムもGR SPORTは黒、標準車はブルー。

 

トミカ No.50 トヨタ プリウス (箱)

トミカ No.50 トヨタ プリウス (箱)

 

 

 

f:id:nullgadget:20180519193432j:image

個人的に好みなのがこのリアフォグランプの彩色、細かい部分ですが塗られていないのとではかなり印象が違ってきますよね。

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20180519202435j:image

ノーマルのプリウスPHVとはかなり印象が異なるGR SPORT、トミカサイズになっても引き締まった印象は現在でした。標準モデルのプリウスも継続してラインナップされていますし、並べて楽しむのもアリですね。初回特別仕様も写真以上に素敵な色、気になる方はお早めに。

 

トミカ No.76 トヨタ プリウス PHV GR SPORT (箱)

トミカ No.76 トヨタ プリウス PHV GR SPORT (箱)

 
トミカ No.76 トヨタ プリウス PHV GR SPORT (初回特別仕様)

トミカ No.76 トヨタ プリウス PHV GR SPORT (初回特別仕様)

 

 

 

 

 

マジョレット スバル WRX STI

 

 f:id:nullgadget:20180429183843j:image

もう入手を諦めていた旧アソートの新車、WRX STI。やはり心のどこかで諦めきれていなかったのか、ふらっと魔女狩りに出かけた店先でついに見つける事ができました。先日の718同様に恋い焦がれた一台、早速紹介していきます。

 

マジョレット スバル WRX STI

f:id:nullgadget:20180429184409j:image

2014年にデビューしたVA型WRX、国内仕様のWRX STIにはスバル伝家の宝刀であるEJ20が搭載されている一方、今回のマジョレットのモデルとなっている海外仕様にはEJ25が搭載されています。実は世界中のモータースポーツで活躍してきたEJ20を新車で堪能できるユーザーは日本のユーザーだけ、なかなか貴重ですね。

 

見ての通りブルーのボディーにゴールドのホイールを履いた完全にスバリスト仕様のカラー、わかりやすくて好きです。ブルーは実際のWRブルーより少し濃いめのソリッドカラー、これはこれでカッコいい。

 

 

f:id:nullgadget:20180429190018j:image

フロントから。最近のマジョレットらしくクリアパーツで再現された奥行き感溢れるヘッドライトにシャープな造形とかなりカッコよく仕上がっています。WRXアイデンティティーでもあるボンネットのエアインテークももちろん再現されています。

 

 

f:id:nullgadget:20180429190317j:image

サイドから。VA型WRXの筋肉質なボディーがとてもよく表現されていてとてもカッコいい。ホイールも大きく、リアウイングも一体成型とあって造形に違和感なし、完璧な仕上がりです。

 

f:id:nullgadget:20180429190651j:image

リアから。エンブレム類が少し省略されていて造形もフロントほどのシャープさはありませんが、十分にカッコいいです。

 

f:id:nullgadget:20180429190849j:image

f:id:nullgadget:20180429190859j:image

ドア開閉アクションが採用されています。インパネや内装の再現具合もなかなかのもの。

 

トミカ WRX STI

f:id:nullgadget:20180429191042j:image

正面から並べるとサイズ感の違いが一目瞭然。並べられるとマジョレットの迫力を感じますが、トミカの出来も悪いわけではありません。

 

f:id:nullgadget:20180429191310j:image

 

f:id:nullgadget:20180429191331j:image

リアから見るとタイヤの太さもあってか、やはりマジョレットの存在感はなかなかのものです。

 

f:id:nullgadget:20180429191431j:image

f:id:nullgadget:20180429191442j:image

同じ車種で並べてみると双方の味をより色濃く感じられますね。マジョレットのサイズ感はやはり魅力的です。

 

トミカ No.112 スバル WRX STI Type S(箱)

トミカ No.112 スバル WRX STI Type S(箱)

 

 

 

GR型WRX マジョレット 

f:id:nullgadget:20180429191659j:image

 

f:id:nullgadget:20180429191747j:image

 

f:id:nullgadget:20180429191800j:image

かなり以前に展開されていたGR型WRX STIのマジョレットも並べてみました。3インチのWRXシリーズのミニカーでもパープルのカラーチョイスはなかなかレア、今見てもなかなか新鮮です。

 

 

 

まとめ

f:id:nullgadget:20180429192143j:image

こうして無事に入手できて本当に良かったです。探し続けていた甲斐があるカッコよさとサイズ感の良さ、写真で眺めるのもいいですが、お気に入りのクルマのミニカーは実物を手にするとやはりワクワクするものですね。これでしばらくはマジョレット納車もひと段落できそうです。

 

マジョレットミニカー 10個入 食玩・ガム(マジョレット)

マジョレットミニカー 10個入 食玩・ガム(マジョレット)

 

 

 

 

マジョレット ポルシェ 718ボクスター

 

f:id:nullgadget:20180422141239j:image

マジョレットの新アソートが登場するという話は目にしていましたが、早速その中でも1番手に入れたかったこの1台を入手することができたました。私自身これから先、絶対に所有したい、いわば人生の一つの目標的なこのクルマ。早速紹介していきます。

 

マジョレット ポルシェ 718ボクスター

f:id:nullgadget:20180422141659j:image

911が君臨するポルシェの中で、より軽快なオープンモデルとして抜群の存在感を発揮するボクスター。現行モデルに当たる982型は981型の大幅改良モデルとの位置づけですが、1950~60年代にレースで活躍したモデルの名を取り、718という数字がモデル名の一部となりました。

 

982型となり、これまでボクスターが搭載してきた自然吸気水平対向6気筒エンジンは、同じく水平対向でありながら4気筒ターボエンジンに変更されました。個人的には自然吸気の6発という点に大きな魅力を感じているので、将来所有するなら987型の後期モデルか981型がいいなぁ、なんて事を考えてしまいます。しかしながら、細かいことは抜きにしていつか本当にボクスター/ケイマンのどちらかを所有したいものです…。

 

f:id:nullgadget:20180422183146j:image

フロントから。マジョレットお得意の奥行き感がリアルなヘッドライト、このモデルでは他のマジョレットのモデル以上に深みのあるものになっていますね。

 

f:id:nullgadget:20180422183530j:image

サイドから。MRらしいサイドインテークも塗り分けで表現されています。

 

f:id:nullgadget:20180422183815j:image

リアから。歴代ボクスターはリアデザインがとても好みなのですが、このマジョレットでもカッコよく再現されています。塗り分けや細かいエンブレム類の再現もかなりリアルです。カッコいい…。

 

f:id:nullgadget:20180422184211j:image

オープンモデルらしくルーフは取り外し可能。しかしながらなかなか外れにくく、取り外しには少しコツが必要かなと感じました。

 

f:id:nullgadget:20180422184344j:image

 

f:id:nullgadget:20180422184352j:image

 

f:id:nullgadget:20180422184408j:image

オープンカーはオープンにしてナンボ、特にリアからの姿には個人的な思い入れも含めて憧れを感じてしまいます。ホントに後姿がかっこいいクルマです。

 

 

f:id:nullgadget:20180422184611j:image

インパネの再現度合いもなかなかのもの。いつかこのドライバーズシートに座りたいものですが、イケメンなクルマに似合わない残念なオーナーになってしまいそうで悲しいものです。

 

f:id:nullgadget:20180422185141j:image

今回のアソートではパッケージも若干の変更を受けています。

 

f:id:nullgadget:20180422185300j:image

これまでのガムに加え、新たに車種ごとのカードが付属。若干の値上げ分を補う意味もあるのでしょうか。

 

f:id:nullgadget:20180422185543j:image

このカードがなかなか面白く、実車のスペックに加えミニカー自体のサイズも表記されていました。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20180422184811j:image

ミニカーとしてもしっかりとしたサイズ感にディテールの細かさにとなかなかの出来のモデルですが、個人的な思い入れも深い一台とあって率直にカッコいい一台です。いずれ1/1と並べて写真に収められる日が来るように頑張りたいものですね。

 

マジョレットミニカーH 10個入 食玩・ガム

マジョレットミニカーH 10個入 食玩・ガム