読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

(2017年 3月新車)トミカ NO.2 スバル WRX S4 覆面パトロールカー

ミニカー トミカ

 

 2月は諸事情で書けなかったトミカ新車の紹介、今月からまた再開です。

f:id:nullgadget:20170318205657j:plain

 というわけで今月は少々マニアックな気もする一台を。

 

トミカ NO.2 スバル WRX S4 覆面パトロールカー

f:id:nullgadget:20170318183007j:plain

2014年に発売された伝統あるWRXの名を持つスポーツセダン、WRX S4。スバル伝統のEJ20を積んだWRX STIとは異なり新世代の直噴ターボFA20を搭載し、組み合わされるトランスミッションも日本ではCVTのみであったり、EyeSightを搭載したりと、発表当初はこれまでのWRXシリーズとは一味違うスポーツセダンといった印象を受けた一台でした。最近ではSTIコンプリートモデルのtSが発表されたり、オートサロンでは後期型ベースのSTI Sportのコンセプトモデルが発表されたりと、今後の動きも楽しみな一台でもあります。

そんなWRX S4の覆面パトカーも全国的ではありませんが実際に活躍している模様。クラウンやマークXとは違いかなり秘匿性が高そうなクルマなので結構怖いですね。

 

f:id:nullgadget:20170318182914j:plain

サイドから。後述しますがNO.112のWRX STIの金型を一部改修してこのモデルが誕生していると思われるので、羽無しWRXトミカでの登場を期待していた私自身とても嬉しいです。VA系WRXのみならずWRXアイデンティティーとも言えるブリスターフェンダーがかっこいい。このシルバーもボディラインの抑揚感をよく表現してくれているように感じます。

 

f:id:nullgadget:20170318182815j:plain

リアから。リアウイングが無いためか、かなりスッキリした印象です。写真では写っていませんが六連星だけではなく最近のトミカらしく「WRX S4」等のリアエンブレムもバッチリ再現されています。

 

f:id:nullgadget:20170318182715j:plain

覆面パトカーの印とも言える赤色灯ももちろん再現。赤色灯が輝くS4の姿は正直拝みたくないですね。

 

No.112 WRX STIとか、他のスバル系パトカーと

f:id:nullgadget:20170318182558j:plain

先述した通り今回のS4のトミカのベースはNO.112で併売されているWRX STI Type-S。実車でもS4とSTIはドライブトレーンや細かい装備以外は基本的に同じ車台をベースとしたクルマなので、ある意味賢いバリエーション展開かもしれません。

 

f:id:nullgadget:20170318182606j:plain

リアから。シャークフィンアンテナやディフューザーなど、リアウイングの有無以外には基本的に同じように思われます。

 

f:id:nullgadget:20170318182944j:plain

フロントから。WRX STIの登場時にあったSTIエンブレム用と思われるフロントグリル内の台座のようなモノも健在です。

 

f:id:nullgadget:20170318182601j:plain

リアから。分かりにくいのですがS4にはWRX S4のエンブレムが、STIにはチェリーレッドのSTIエンブレムがしっかりと再現されています。

 

f:id:nullgadget:20170318182840j:plain

エンジンルーム、当然とは言えますが同じモノです。ただ、WRX STIEJ20を搭載する一方で、WRX S4はFA20を搭載しているため実車のエンジンルームの雰囲気はかなり大きく異なっています。トミカではEJ20を再現しているように思われます。S4に搭載される直噴ターボFA20エンジンは最高出力300馬力を発揮。怖いです。

 

f:id:nullgadget:20170318182745j:plain

手元にあったレガシィB4のパトカーとも。このB4は現在主流のFAエンジンではなくEJ25を搭載していますね。旧世代のエンジンとはいえ最高出力は285馬力と、普通のクルマであればあっさりとヤラレてしまうことでしょう。

f:id:nullgadget:20170318182651j:plain

手元にあった他のスバル系パトカーと。BH型レガシィとGD型インプレッサWRXですね。こうして見ると色々な意味で年月の差を感じます。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170318182622j:plain

発表当初はかなり絶妙なチョイスだなぁと思った今回のS4覆面。シンプルなセダンボディのトミカの新車自体が久々な気もするのですが、個人的なスバルへの思い入れも含め、シンプルですがお気に入りの一台になりそうです。パトカーだからと敬遠されている実車派な方もいるかもしれませんが、WRX S4のトミカとしても十分に愛せると思います。

トミカ No.2 スバル WRX S4 覆面パトロ-ルカー (箱)

トミカ No.2 スバル WRX S4 覆面パトロ-ルカー (箱)

 

 

トミカ No.2 スバル WRX S4 覆面パトロ-ルカー (BP)

トミカ No.2 スバル WRX S4 覆面パトロ-ルカー (BP)

 

 

 

 

DP-X1/XDP-100R/GRANBEAT等専用Musicアプリのオープンベータが開始 早速試してみた

ポータブルオーディオ

 

以前からアナウンスされていた歌詞同期表示サービスなど、ONKYOのDP-X1/X1AやGRANBEAT(DP-CMX1A)、PioneerのXDP-100R/300R向けMusicアプリに追加機能が実装されるアップデートのオープンβテストが開始されました。

 

av.watch.impress.co.jp

期間限定公開(3/17〜3/27)のβテストではありますが、私も早速手持ちのDP-X1で試してみましたので、手順等を簡単にまとめる意味でも書いておきます。

 

Playストアからオープンベータに登録

f:id:nullgadget:20170317200331p:plain

DP-X1をはじめ、今回βテストの対象となっている機種は全てAndroid搭載。そのため、普段から再生アプリのアップデートもPlayストアから行う形になっていますが、今回のβテスト登録もPlayストアから行います。

 

f:id:nullgadget:20170317201058p:plain

当該Musicアプリのアプリページの一番下に、ベータ版を使ってみるとの表示が。

 

f:id:nullgadget:20170317201207p:plain

登録をタップするとこのような表示に。あくまでもベータ版ですから当然リスクも承知の上で登録しましょう。

 

f:id:nullgadget:20170317201059p:plain

さらに登録をタップするとこのような表示。このまま数分間は待機です。

 

f:id:nullgadget:20170317201208p:plain

登録が完了すると、ベータ版テスターになりましたとの表示が。更新をタップすると、実際にアプリのアップデートが開始されます。

 

アップデート完了。 早速触ってみた

UIの変更

f:id:nullgadget:20170317201109p:plain

まず目につくのが画面下部のミニプレーヤー機能。再生/停止と曲送り、再生中の曲を表示するというシンプルなものではありますが、実際にあると便利ですね。以前の曲選択画面では、直近で再生した、あるいは再生中の曲のアルバムアートが画面全体に表示されていましたが、アップデート後の背景はは黒塗りとなっています。

 

f:id:nullgadget:20170317201105p:plain

通知バーを下ろした際の表示もかなり大きく変更されています。今までとは異なり再生/停止ボタンや曲送り/戻りボタンが実装されていたり、再生している音源のbit数が表示されたりと、個人的にはこれまでよりもかなり実用的なモノになったなと感じました。正直、今までのモノはリピートやシャッフルといった再生モードの変更や再生中の曲の表示しか行えませんでしたからね。

 

歌詞表示機能

f:id:nullgadget:20170317201056p:plain

通常の音楽再生画面。画面上部、右から左目のボタンをタップすると…。

 

f:id:nullgadget:20170317211443p:plain

このように歌詞が表示されます。

 

f:id:nullgadget:20170317201144j:plain

実際に再生している曲に合わせて文字の色も変化するので、率直に分かりやすいと感じました。若干懸念していた表示の遅れも感じられず、普通に実用できるレベルだと思います。

 

f:id:nullgadget:20170317201205p:plain

また、このサービスは端末が通信環境下に無いと歌詞が取得できずに利用できませんでした。また、すべての曲で歌詞が表示されるというわけでもないのでご注意を。*1

 

覗き見防止

f:id:nullgadget:20170317201054p:plain

触っているうちに発見したのが覗き見防止の文字。早速適用してみたところ…。

 

f:id:nullgadget:20170317201103p:plain

このようにアートワークが背景側も含め全体的にかなり薄く表示されるようになりました。今回のβテスト対象機種はいずれも大型ディスプレイを搭載した機種ですし、どうしても電車等で他の方の目が気になってしまう方には嬉しい機能ではないでしょうか。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170317201117j:plain

以前あった再生画面関連のアップデートが行われた際にも感じましたが、このような地道な改良はユーザーからすると非常に嬉しいですね。特にUIの変更はかなり実用面でも大きな差を感じる部分だと思います。また、覗き見防止モードは個人的にもお世話になるかもしれません 笑

 

先日の新小型DAPのデザインには正直なところ閉口してしまいましたが、今回の新機能はβ版とはいえかなり好印象でした。これからも息の長いサポートに期待したいところですね。

 

あくまでもβテストであるという点を念頭に置いて上で、既存のユーザーさんは試して見るのも面白いかもしれません。

ONKYO デジタルオーディオプレーヤー DPX1A(B) ハイレゾ対応

ONKYO デジタルオーディオプレーヤー DPX1A(B) ハイレゾ対応

 

 

 

 

Pioneer デジタルオーディオプレーヤー XDP-300R(B) ハイレゾ対応

Pioneer デジタルオーディオプレーヤー XDP-300R(B) ハイレゾ対応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:個人的には高垣楓さんのこいかぜでは歌詞が表示されませんでした。

(私感)新小型DAP DP-S1/XDP-30Rが発表されて…

ポータブルオーディオ

 

DP-X1ユーザーとしては企画発表当初から良くも悪くも気になっていたオンキョー&パイオニアイノベーションズの新小型DAP。ついにDP-S1/XDP-30Rとして発表されましたね。

 

Twitterで色々とつぶやいているうちに思いが募り、こうしてキーボードを叩いているわけです。かなり私感が混じった記事ではありますが…。

 

デザインとか…

ONKYO DP-S1

f:id:nullgadget:20170308184407j:plain

http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/portable/dps1/index.htm

 

 

 これがONKYO版のDP-S1、通称rubato。ネーミングからもDP-X1の印象を強く残したイメージを感じます。

 

Pioneer XDP-30R

f:id:nullgadget:20170308184408j:plain

pioneer-headphones.com

 

 一方、こちらがPioneer版のXDP-30R(S)、通称private。こちらもネーミングからXDP-300Rのイメージを強く感じます。個人的にXDP-300R シルバーの質感が好きなので、同じ質感なのは興味をそそられます。

 

両機ともサイドには物理キーとホールドボタンがありますね。

 

ただ…

全体的なイメージは正直なところ、Astell&KernのAK70に似ているというほかありません。

 

 IFAでの発表当初からこのデザインには疑問符が付いていたため、ハッキリと言ってしまうと私自身はこの新型DAP良いイメージを持っていませんでした。また、ディスプレイは2.4インチのタッチパネルですが、筐体のサイズに対してディスプレイサイズのバランスがイマイチだなと思ってしまいます。

 

独自OSを採用しているという事ですが、動きはそこまで悪くなさそうです。Pioneer版のUIは実機を触ってみないとなんとも言えませんね。

 

スペック

SDスロットを2基備え、最大容量は本体ストレージと合わせて416GB。DP-X1/X1AやXDP-100R/300Rに準じた仕様ですね。最大容量が大きいのは率直に嬉しい。

 

また、肝心なオーディオ部は、DACはESSのES9018K2M ご指摘頂いたのですが、ES9018C2MというDP-CMX1と同じDACが搭載されていました。アンプはSABRE 9601Kがそれぞれ二基搭載される左右シンメトリー回路設計だとか。2.5mmバランス接続も対応していますし、この辺りはスペックシート上はGRANBEAT(DP-CMX1)と全く同じ構成ですね。

 

その上、Wi-Fiが搭載されているようで、音楽ストリーミングサービスにも対応しているとの記載がありますね。このあたりは実機を触って確認してみたいところです。

 

再生対応コーデックはDSD(DSF・DSD-IFF)/FLAC/ALAC/WAV/AIFF/MP3/AAC、MQAはアップデートで対応されるとのこと。また、個人的にはかなり驚かされたのですが、2.8/5.6MHzのDSD音源はネイティブ再生に対応。コンパクトな機種ながらDP-X1やDP-CMX1からの着実な進化を感じます。

 

ただ、この手の製品はやはり音が肝心。実機を手にして音を聞いてみないと、スペックを見るだけでは何とも言えません

 

個人的なあれこれ

(いい意味で)気になる点

先述しましたが、やはり驚かされたのがDSDネイティブ再生に対応している点。これまでは主にAK380やWM1Zなどの高価格帯のDAPにしか実装されていなかった機能ですし、5万円を切る価格で市場に投入されるDAPにこの機能を乗せてきた点には率直に驚きました。同じくこの価格帯でデュアルDAC&アンプ構成なのもすごいですね。また、AK Connectの後追い感は否めないにしろ、スマートフォン用専用アプリがリリースされるのも大きなブランドの強みでしょうか。

 

追記:よくよく考えてみるとFiio X5 2nd/3rdはそこまで高価格帯ではないですが、DSDネイティブ再生対応でしたね…。ユーザー様、失礼しました…。

 

(悪い意味で)気になる点

散々言ってきましたが、やはりデザイン。どうしてもAK70のイメージを払拭することができません。後は微妙なディスプレイサイズでしょうか、何度見ても筐体とのサイズが微妙だなと感じてしまいますね…。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170308203514j:plain

実は私自身、デザインの一件もありこのDAPは完全にスルーする気でした。しかし、最近ではDSDネイティブ再生対応のDAPに興味があったり、DP-X1のイヤホンジャックやボリュームノブの調子がイマイチだったりと、新しいDAPに興味があった事も事実。そんな中でいざ発表されてみると、まさかのネイティブDSD再生対応だったり、価格もXDP-30Rでは43000円程だったりと、こんな記事を書いている時点でもうお気づきでしょうがかなり心が揺れています

 

DP-X1の音がかなり好きなので、買い替えは無いと思いますが、買い増しを考えてしまう始末。仮に購入するとすれば質感の好み的にXDP-30Rのシルバーだとは思いますが、じっくり検討しなくては…。まずは試聴してみたいですね。