読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nullgadget

Portable Audio,Minicars,and more…

(2017年 5月新車)トミカ NO.6 SUBARU BRZ

 

 

今月もトミカの新車がやってきました。待ち望んだ一台、無事に入手できましたよ。

 

f:id:nullgadget:20170520192258j:plain

 

 

早速紹介していきましょう。

 

トミカ NO.6 SUBARU BRZ

Pure Handring Delight

f:id:nullgadget:20170520191839j:plain

nullgadget.hatenablog.com

今や日本の現行スポーツカーを代表する存在とも言えるBRZ/86。マイナーチェンジ後のモデルも街中で結構見かけるようになってきたなと感じていますが、すでに後期型がトミカとして登場していた86から遅れること9ヶ月、待ち望んでいたBRZ後期型のトミカがついにやってきました。

 

今回のトミカは箱の絵や初回限定版のカラーリングからも考えると、ブレンボキャリパーやザックス製ダンパーが標準装備される最上級グレードのGTがモデルだと思われます。実車はWRブルーマイカからWRブルーパールへとカラーが変わりより濃いブルーになりましたが、トミカにおいても明らかにこれまでのBRZとは色の濃さが違いますね、濃い

 

nullgadget.hatenablog.com

f:id:nullgadget:20170502230942j:plain

写真は2015 大阪モーターショーで撮影。

以前EBBROの1/43 BRZの記事でも書いたのですが、私自身BRZはかなり思い入れの深い一台。デビュー当時の興奮は忘れられません。そんな鮮烈なデビューから4年経過した2016年に発表されたのがこのビックマイナーチェンジ。スバル車は登場から3年後のマイナーチェンジ時(アプライドモデルD型への年改時)に大きな手が加えられることが多いので、E型への年改時に大きく手を加えられたのは少々意外でしたね。

ミニカーの話からかなり脱線して申し訳ありませんが、後期MT車に採用されている赤チジミ塗装のインテークマニホールドが本当にかっこいい…。

 

f:id:nullgadget:20170520191753j:plain

 フロントマスク。前期型と大きくイメージが変わったというわけではありませんが、フォグランプ部分の処理なんかは新型XVなど最近のスバル車にも通じるものを感じます、塗り分けもされていてとっても好印象です、そして六連星の存在感が増していますね。実車ではフルLEDヘッドライトが採用されていますが後期型の発表当初は驚いたものです、スバル車の灯火器とは思えないくらいシャープなデザインですから…。

 

f:id:nullgadget:20170520191808j:plain

サイドから。前期型86の時代からトミカではおなじみのかなり大きめなリアウイングは今回も健在です。NO.86の後期型86同様、実車の変化に合わせてシャークフィンアンテナもバッチリ再現。

 

 

 

f:id:nullgadget:20170520191954j:plain

リアから、やはりリアウイングが目立ちますね。テールランプもトミカ 86/BRZの後期型は表現がうまい。

 

 

 

f:id:nullgadget:20170520192012j:plain

一つ気になったのがシャシーの刻印。これまで販売されていたNO.120/前期型BRZと同じものが採用されているようです。86の際はNO.46/前期型とNO.86/後期型で別のシャシーが採用されていたので少し残念。というかNO.6/後期型BRZシャシーがNO.120のままで問題ないのでしょうかね…

 

初回特別仕様

f:id:nullgadget:20170520191853j:plain

初回特別仕様は鮮やかなイエローを纏った一台。BRZ後期型の発表当初に100台限定で販売され、瞬殺されたGTのYellow Editionを再現しているのでしょう。イエローといえばスバルでは特別仕様車STIのコンプリートモデルなど特別なモデルたちが纏ってきたカラーであり…

f:id:nullgadget:20170519211937j:plain

BRZでもSTIのコンプリートカーであるtSで採用されたことがありましたね。

 

 

f:id:nullgadget:20170502230725j:plain

f:id:nullgadget:20170502230709j:plain

 WRX系は直近ではこの一台。

 

f:id:nullgadget:20170519211955j:plain

兄弟車である86でもYellow Limitedというネーミングでイエローを纏ったモデルが登場していますが、先述のtSと同じくサンライズイエローというカラーでした(カタログ参照)。一方、今回のBRZ Yellow Editionが纏っているのはチャールサイトイエローというまた違うカラーです。

 

f:id:nullgadget:20170520191923j:plain

サイドから。イエローのボディにブラックのホイールが引き締まった印象を与えていてとってもかっこいい。BRZ Yellow Edition、1/43モデルなんかで出てきませんかね…。

 

 

 

f:id:nullgadget:20170520191908j:plain

リアから。

 

86とかBRZとか。 

f:id:nullgadget:20170520192027j:plain

先述の通り、ついに前・後期それぞれの86/BRZ(GRMNも)が全てトミカで出揃いましたね。実車ファンとしては嬉しい限り。いつかSVXの後継的な存在として水平対向6気筒を積んだBRZが出てこないかなぁ、というのは私の勝手な願いです。

 

f:id:nullgadget:20170520192058j:plain

f:id:nullgadget:20170520192149j:plain

f:id:nullgadget:20170520192113j:plain

前期型BRZとも。後期型のリアはテールランプの赤い彩色やウイングの塗り分けが入って引き締まったように感じます。ちなみに来月発売のトミカギフト SUBARU COLLECTIONには新カラーの前期型BRZが登場するようなのでまた紹介したいですね。

トミカ トミカギフト SUBARU COLLECTION

トミカ トミカギフト SUBARU COLLECTION

 

 

”スバルブルー”を比べてみた。

 

最後にスバルブルー比較を。というわけで右側から、それぞれ実車ではソニックブルーマイカを纏う22B、WRブルーマイカを纏うBRZ前期型、今回のBRZ後期型と同じくWRブルーパールを纏うVAB型WRX STIの各トミカに参加してもらいます。

f:id:nullgadget:20170520004018j:plain

微妙な色味をお伝えするのが非常に難しいのですが、この3台では22Bのソニックブルーが若干淡めのブルー。そして、VABのWRブルーパールがもっとも濃いめのブルーとなっています。

 

f:id:nullgadget:20170520191824j:plain

f:id:nullgadget:20170520191738j:plain

さて、実車のカタログ的にはVABと同じくWRブルーパールを纏った今回の後期型BRZも並べてみました、壮観。そして微妙に色味が違いますね、やはり今回のBRZのブルーは非常に濃い。

 

 

f:id:nullgadget:20170520191939j:plain

主観的には今回のBRZはVABのブルーよりもさらに濃いブルーだと感じます。そして実際にクルマが纏うWRブルーパールに近いのはVABよりも今回の後期型BRZトミカのほうではないかなと思ったり…。

 

 

ここはかなり主観的な部分が大きいので読んでくださっている方々もご自分の目で確かめられてはどうでしょうか、面白いですよ。

 

まとめ 

f:id:nullgadget:20170520192042j:plain

 待ちに待った一台の発売、やはりスバル車の記事になるとトミカとはいえ気合が入ってしまいます。とはいえ、今回のBRZシャシーの一件は少々謎ですがそれ以外は納得の仕上がりです。初回特別仕様は実車のYellow Editionよろしく瞬殺が予想されるので気になった方はお早めの入手をオススメします。

トミカ No.6 SUBARU BRZ (箱)

トミカ No.6 SUBARU BRZ (箱)

 
トミカ No.6 SUBARU BRZ (初回特別仕様)

トミカ No.6 SUBARU BRZ (初回特別仕様)

 

 

 

トミカリミテッド 0142 スバル インプレッサ WRX STI 4door

 

最近ではトミカプレミアムがトミカのディテールアップ版を担当。このブログでも度々紹介していますが出来は通常のトミカとの価格差を納得させてくれるクオリティです。

 

そんなトミカプレミアムの前、トミカのディテールアップ版ラインを張っていたのがトミカリミテッドだったのはまだ記憶に新しい事実。そんなトミカリミテッドの中から長い間探していたモデルを最近手に入れることができたので紹介していきます。

 

f:id:nullgadget:20170513184519j:plain

そう。やっぱりスバルなんです。

 

トミカリミテッド 0412 スバル インプレッサ WRX STI 4door

f:id:nullgadget:20170513184433j:plain

 長い間探していたのがこの一台、トミカリミテッドのGVBです。Aピラーとリアウイングには落下させたであろう傷があるのですが、全体的には綺麗だったので反射的に購入。GVBは値上げ前のいわゆる縮みトミカ全盛期の金型なので通常版と同じくサイズ感は寂しいですが、リミテッドということで細かい部分の彩色はかなり細かいですね。

 

f:id:nullgadget:20170513184417j:plain

サイドから。フェンダーSTIエンブレムがアクセントになっていてイイ。

 

f:id:nullgadget:20170513184357j:plain

リアから、リアウイングの傷が気になってしまう…。六連星エンブレムやSTIエンブレム、リアフォグランプやマフラーにまで彩色が入っていて通常版よりも明らかに手が混んでいますね。

 

通常盤(…)と

f:id:nullgadget:20170513184626j:plain

手元にあるはずの通常版のGVBトミカがなぜか見つかりませんでした…。というわけで代役としてイベントモデルのGVBに登場してもらいました。 

 さて、フロントマスクから。フロントグリルの細かい彩色、フォグランプにも色が入れられています。ヘッドライトの違いはGVBトミカで見られるボディカラーによる違いでしょう。

 

 

f:id:nullgadget:20170513184523j:plain

もちろんホイールは異なっていますが、先述の通りフェンダーSTIエンブレムがディテールアップ版らしさを感じます。

f:id:nullgadget:20170514220628j:plain

こんな感じの。

 

f:id:nullgadget:20170513184451j:plain

リアから、一目瞭然ですね。通常版の彩色が寂しすぎるのもありますがやはりリミテッドは彩色が細かい。そして現在のプレミアムに通ずるものを感じます。

 

f:id:nullgadget:20170513184611j:plain

シャシーも排気系とトランスミッションはシルバーで仕上げられていますね。

 

余談

f:id:nullgadget:20170513184341j:plain

GVBのトミカでお気に入りの一台がコレ。過去に限定販売されたトミカトイズドリームプロジェクト あこがれの名車セレクション4のラインナップにあった一台です。

赤ボディに黒のホイール&ルーフ、おそらくS206 NBRチャレンジパッケージをモデルにしたモデルであることはほぼほぼ間違いないと思われます。

f:id:nullgadget:20170513184325j:plain

最近ではお目にかからなくなったこのシリーズ。WRブルーを纏ったサンバーなど通好みのラインナップがお気に入りだったのでまたこんな感じのシリーズが出てこないかなぁと期待しています。

 

他のインプレッサとか…

f:id:nullgadget:20170513184646j:plain

f:id:nullgadget:20170513184538j:plain

過去に販売されていたGRBトミカリミテッド、こちらは新品販売時に購入できていたので改めて並べて。GRBの金型はかなりいいサイズ感なのでGVBの小ぶりさが際立ってしまいますが、それでも2台並んだ姿を見ると個人的にはそんなことはどうでもよくなってきます。

トミカ トミカリミテッド TL0151 スバル インプレッサ WRX STI

トミカ トミカリミテッド TL0151 スバル インプレッサ WRX STI

 

 

 

f:id:nullgadget:20170513184706j:plain

現在も販売中の22Bトミカプレミアムも並べて。ちゃっかり後ろに写っているGDBトミカリミテッドも含めトミカのディテールアップ版として3世代のWRXが並んでいて感激です← 

 

nullgadget.hatenablog.com

トミカとは関連のない話になりますが、先日何気なくWRXの中古車を眺めていたら22万キロ以上走った22Bが750万円以上のプライスタグを掲けられていました。もはやスバリストのあいだではカリスマを超えて神的な存在になっている22B、とはいえそんな個体が新車の1.5倍のプライスタグを掲げられているのは少々恐ろしさを感じます。

 

 

f:id:nullgadget:20170513184555j:plain

右から二番目のGVBトミカ、やっぱり小さいなぁ…。

 

 まとめ

f:id:nullgadget:20170513184728j:plain

やっと入手できたGVBのトミカリミテッド、改めて過去のインプレッサたちとも並べてみたりとこの記事を書くにあたってもかなり楽しませてくれました。

 

せっかくご縁があった一台ですし大切にしていきます。

 

 

 

AUTOart 1/18 パガーニ ゾンダR

 

 

先日のガヤルドに続き、今回も手持ちの1/18モデルの紹介。

f:id:nullgadget:20170506190116j:plain

手元にあるモデルカーではこのクルマが現状最高額かな。

 

 

AUTOart 1/18 パガーニ ゾンダR

f:id:nullgadget:20170506190038j:plain

世界中には数多くのスーパーカーが存在しますが、21世紀の今現在、ここまで狂気に満ちたスーパーカーは数えるほどしかないのではないでしょうか。もはやスーパーカーを超え、ハイパーカーと呼ぶべき一台かもしれない、それがこのパガーニ ゾンダでしょう。

 

デザイナーであるオラチオ・パガーニ氏が立ち上げたパガーニ・アウトモビリが1999年に放ったのがパガーニ ゾンダというスーパーカー。イタリア製のスーパーカーでありながらAMG製V12エンジンを搭載し、他のスーパーカーとは一線を画す内外装のデザイン、そして圧倒的なプライスタグ。私自身がこのクルマを知ったきっかけは英BBCのTopGearでしたが、画面越しに伝わってくる圧倒的な存在感に一瞬にして心を奪われた事を今でも鮮明に覚えています。だからこそこうして1/18モデルを買ってしまったわけです。

 

このゾンダ Rはゾンダのモデルライフにおいて終盤に送り出された一台。それまでのゾンダとは異なりナンバー取得不可能な完全なサーキット専用モデルであり、全長・ホイールベース・全幅はこれまでのゾンダと異なっています。エンジンは730馬力を発揮するAMG製6.0L V12。パガーニの後継モデルであるウアイラがV12ツインターボであるのに対し、このゾンダRはV12NA。そのサウンドは凄まじいの一言、もはやエンジン音自体が音楽であり芸術ですね。


Pagani Zonda R EPIC Sound! - Flames & Accelerations

個人的には現在のF1カーよりもいい音だと…

 

ニュルブルクリンク北コースでは6分47秒50の記録を保持。


Pagani Zonda R - Nurburgring lap

ちなみに日本が誇るゴジラこと日産GT-R nismoは7分08秒679の記録を保持。ゾンダRの速さがどれだけ凄まじいものか、本当にすごい。

 

さて、実車の話はこれくらいにして。

 

エクステリア

f:id:nullgadget:20170506190343j:plain

フロントマスク。完全にレーシングカーのそれですね。ボディはカーボン地をうまく再現できていると思います。

 

f:id:nullgadget:20170506190406j:plain

ヘッドライトもかなりリアル。

 

f:id:nullgadget:20170506190453j:plain

フロントリップスポイラーの取り付け金具、牽引フックも素晴らしい出来です。

 

f:id:nullgadget:20170506190153j:plain

ラジエーターがチラリ。フロントカウルの内側は後述しますよ…

 

 

f:id:nullgadget:20170506190513j:plain

いわゆるハチマキにもトリコロールカラーなPaganiロゴ。エアインテークのRロゴが輝いています。

 

f:id:nullgadget:20170506190253j:plain

フロントホイール、サイズは255-35R19。巨大なブレーキキャリパー&ローターの存在感がすごい。ピレリのPZEROにもZondaRのロゴが輝いていますね。

 

f:id:nullgadget:20170506190137j:plain

サイドから。ロードゴーイングカーとは明らかに一線を画すフォルムです。コメントが思い浮かばない…。

 

f:id:nullgadget:20170506190213j:plain

ZondaRのロゴ、AMGBOSCHのロゴも。

 

f:id:nullgadget:20170506190235j:plain

 サイドにはオラチオ・パガーニ氏のサインが。かっこいいなぁ…。

 

f:id:nullgadget:20170506190546j:plain

ボディ中央を貫くストライプもトリコロールカラー。イタリア車らしさを感じます。

 

f:id:nullgadget:20170506190605j:plain

実はこのロゴはリアウイングにも。 

 

f:id:nullgadget:20170506190624j:plain

リアから。リアセクションの造形が美しい。

 

f:id:nullgadget:20170506190642j:plain

リアウイングの存在感がやはりすごい。

 

f:id:nullgadget:20170506190719j:plain

マフラー、牽引フック、ゴールドパーツはエアジャッキを差し込むパーツかな。

チラリと覗く内側のパーツがそそります。

 

f:id:nullgadget:20170506190749j:plain

エンブレム。テールランプはLEDのつぶつぶ感がかなり上手く再現されていますね。

 

インテリア

f:id:nullgadget:20170506190810j:plain

f:id:nullgadget:20170506190957j:plain

生粋のレーシングカーという訳ではありませんがとってもスパルタンなインパネ。

ただ随所にメタルパーツは採用されていることからも、単にレースで最速を競うためだけにこのクルマが生まれてきた訳ではないということが伝わってくるようにも感じます。

 

f:id:nullgadget:20170506190915j:plain

シートもレーシングカーのように黒一色、というわけではないですね。シートベルトの質感がリアル。

 

 

さて、ここまででも既にこのモデルの魅力はかなりのものです。

f:id:nullgadget:20170506191102j:plain

ただ、カウルを脱がせると本当に凄まじい魅力を放ちます…。

 

カウルの内側

f:id:nullgadget:20170506191204j:plain

まずはフロントセクション。各サスペンションアーム類や補機類、ダクト類まで金属パーツも用いながら息を飲むようなモデリングがなされています。

 

f:id:nullgadget:20170506191224j:plain

ダンパーも精密に再現されています。

 

f:id:nullgadget:20170506191254j:plain

しかもしっかりとダンパーとして機能します。足回りの動きは凄いの一言。

 

f:id:nullgadget:20170506191336j:plain

ホース類やドライブシャフトも妥協なく再現されています、すごい。

 

 

f:id:nullgadget:20170506185945j:plain

さらに圧巻なのがリアセクション。パーツの密度が凄まじい。フレーム・エンジン・足回りのアーム類など、一つ一つのパーツが本当に細かいです。金属パーツが多用されていて単なる見かけ倒しだけではない、ディテールへのこだわりを感じます、

 

f:id:nullgadget:20170506191412j:plain

AMG製M120型 6.0L V12。NAながら730馬力を発揮する凄まじいエンジンです。 

 

f:id:nullgadget:20170506190019j:plainV型。

 

f:id:nullgadget:20170506190001j:plain

f:id:nullgadget:20170506191547j:plain

f:id:nullgadget:20170506191505j:plain

f:id:nullgadget:20170506191524j:plain

ダンパーや足回りのパーツも細かい。フロント同様実際に足回りの各パーツは可動式。

 

 

f:id:nullgadget:20170506191609j:plain

f:id:nullgadget:20170506191434j:plain

f:id:nullgadget:20170506191700j:plain

各補機類だけではなくホース類の細かさにも驚くばかりです。

 

まとめ

f:id:nullgadget:20170506191923j:plain

長い間ただ飾っていただけだったので今回の記事を書くにあたって長い時間眺めてみましたが、1/18モデルの魅力を放ってくれる一台ですね。やはりカウルの内側の細かさには驚かされるばかりでした。コメントがかなり抽象的なものになってしまってます…。

 

AUTOart 1/18 パガーニゾンダ R カーボンブラック

AUTOart 1/18 パガーニゾンダ R カーボンブラック

 

  

AUTOart 1/18 パガーニ ゾンダ レボリューション (カーボンブラック/ブルー)

AUTOart 1/18 パガーニ ゾンダ レボリューション (カーボンブラック/ブルー)

 

 うーん、1/18モデル欲しくなってきた…。